離婚後は旦那名義の家に住める?旦那名義の家に住む方法と注意点

離婚

離婚をする際に最も意識するのは、離婚後の生活という人も多いでしょう。特に住まいをどうするかは大きな問題です。

マイホームを夫が所有している場合、妻は離婚後の住居を離婚までに用意しなければなりません。では、妻が離婚後に旦那名義の家に住むことはできないのでしょうか。

この記事では、離婚後に旦那名義の家に住む3つの方法、旦那名義の家に住む場合に起こりやすいトラブルと解決方法、生活シーン別の問題点とその解決方法などについて、詳細に解説していきます。

離婚後に、旦那名義の家に住む3つの方法

離婚後

妻が離婚後に旦那名義の家やマンションに住むケースは決して少なくありません。

子供を妻が引き取るケースや、妻が経済的に弱い立場にある場合などは、離婚後に旦那名義の家に住むことを選択することがあります。

では、どうすれば離婚後に旦那名義の家に住むことができるのでしょうか。ここでは、離婚後に旦那名義の家に住むための3つの方法について見ていきましょう。

関連記事
別居
夫婦が別居していると、いろんな問題が起こります。その中の1つに、別居中の家の問題があります。別居中の家を売却する際には、問題が起こることも少なくありません。 ひとくちに別居中の家といっても、夫婦のどちらかが住んでいる場合もあれば、どちらも住んでいない場合など、家の状況はさまざまです。 この記事では、別居中の家の売却方法…

住宅ローン残債がない家のケース

住宅ローン残債がない家は、離婚後、比較的簡単に旦那名義の家に住むことができます。その方法が財産分与です。その家が財産分与の対象となるかどうかは、名義が誰であるかと関係ありません。

夫と妻が働いてお金を出し合って購入した家でも、夫が売買契約を結んだ場合、名義は夫となっていることが多くあります。

その場合でも、名義が夫であることを理由に妻が離婚後に住めないのは不平等です。そこで、名義に関係なく、自宅が結婚後に夫婦2人で築き上げてきた財産であれば、財産分与の対象になります。

結婚後に夫婦2人で築き上げてきた財産のことを「共有財産」といいます。

便宜上、説明では、夫婦2人でお金を出し合っている例を挙げましたが、夫婦2人で築きあげたというのは、なにもお金を出し合っている場合だけではありません。

妻がお金を出していなくても、夫を支えることによって、2人でその財産を築いたと考えます。そのため、専業主婦であっても家を取得する権利があります。

離婚後は財産を1/2ずつ分けるのが一般的ですが、必ずすべての財産を1/2ずつにしなければならないわけではありません。

離婚協議などの話し合いによって、例えば家は妻が100%、車と現金は夫が100%といったように、夫婦で割合を決めることができます。

家を100%妻のものにすれば、離婚後に旦那名義の家に住むことができます。

ただし、結婚前に夫が購入した家や、相続により夫が取得した家などは共有財産にならない(特有財産)ため、財産分与の対象になりません。

その場合は、慰謝料や養育費として家を取得するなどを考えていく必要があるでしょう。

関連記事
住宅ローン
住宅ローンの名義を「夫の単独にするか」「夫婦共有にするか」悩んでいませんか? 単独名義にするか共有名義にするかは、家の予算はもちろん、税金やその後の生活にまで影響を与えるものです。 そこで今回は夫婦が住宅ローンを選ぶときの方法や注意点を、元大手不動産会社勤務のライターが徹底解説していきます。 すでに共有持分を所有してい…

住宅ローン残債がある家のケース(アンダーローンの場合)

住宅ローン残債がない家の場合は、財産分与によって家を取得し、住み続けることができます。では、住宅ローン残債がある家のケースでは、どうなるのか見ていきましょう。

住宅ローン残債がある場合は、住宅ローン残高が家の時価(評価額)よりも小さいのか、大きいのかを考える必要があります。

住宅ローン残高が家の時価(評価額)よりも小さい場合を「アンダーローン」、住宅ローン残高が家の時価(評価額)よりも大きい場合を「オーバーローン」といいます。

アンダーローンは、言いかえると、家を売却すれば住宅ローン残債を全て返済できる状況のことです。

関連記事
共有持分
戸建てやマンションなどの自宅用不動産を購入する際に、夫婦双方の収入を考慮して、ペアローンで住宅ローンを組むことがあります。その場合、購入した不動産は共有名義となります。 持ち家を購入し、夫婦が円満に結婚生活を続けながら暮らしていれば問題ありませんが、夫婦関係が破綻し、離婚することになった場合には、困難を伴う共有名義不動…

住宅ローン残債がある家のケース(オーバーローンの場合)

オーバーローンは、住宅ローン残高が家の価値よりも大きい場合のことです。言いかえると、家を売却しても、住宅ローン残債を全て返済できない状況のことです。

オーバーローンであっても、財産分与によって家を取得することが可能ですが、財産分与の際には、アンダーローンの場合よりも、よりしっかりと返済について協議しておく必要があります。

万が一、住宅ローンの返済ができなくなった場合のことを考えてみましょう。

アンダーローンの場合は、家を売却することで得た現金から、住宅ローンの全額を返済してもいくらかのお金は残ります。そこで、その後の生活について考えることができます。

しかし、オーバーローンの場合は、住宅ローンの全額の返済ができないため、銀行などの金融機関から差し押えがあり、家を競売に出されます。

家も資金も残らないため、たちまち生活に窮することになります。そのような状態にならないために、離婚前に、よりしっかりと返済について協議しておく必要があります。

関連記事
離婚 財産分与
離婚をするときには、夫婦で財産を分与します。分与の対象となる財産の種類は多く、現金や預金以外に自宅などの不動産も含まれます。 現金と異なり、不動産は簡単に2つに分けるということができません。では、どのように家を分ければよいのでしょうか。実は、状況により財産分与で家を分ける方法は変わってきます。 この記事では、離婚時に財…

旦那名義の家に住む場合に起こりやすいトラブルと解決方法

住宅ローン

共有財産であれば、財産分与によって家を入手し、離婚後に旦那名義の家に住むことができます。

ただし、旦那名義の家に住む場合には、様々なトラブルが起こることがあります。ここでは、旦那名義の家に住む場合に起こりやすいトラブルとその解決方法を見ていきましょう。

家の名義違いにより起こるトラブル

旦那名義の家に住む場合に起こりやすいトラブルで最も多いのが、名義が自分でないことで起こるものです。名義違いにより起こるトラブルで多いのが、他の家に引っ越す場合です。

子供の進学や自分の転勤や結婚など、生活環境の変化によって引っ越すことがあるでしょう。自宅を引っ越すと、今ある家は一般的に売却や他者へ貸すことになります。

実は、名義が旦那のままでは売却や賃貸ができません。対処法としては、財産分与で家を取得することが決まったら、家の名義も変更することです。

名義と所有者が同じであれば、家の売却や賃貸が可能になります。

関連記事
共有名義マンション
相続で引き継いだマンションや夫婦や親子で資金を出しあって購入したマンションなどでは、名義が共有になっている場合があります。共有名義のマンションは、単独名義のマンションに比べて、売却するのに手間や時間がかかることがあります。 この記事では、共有名義のマンションを売却する方法や注意点を詳しく解説していきます。 また、トラブ…

住宅ローンの名義違いにより起こるトラブル

旦那名義の住宅では、住宅ローンも旦那名義になっています。離婚後に旦那名義の家に住む場合であっても、住宅ローンの名義は旦那のままです。

では、離婚後の住宅ローンを旦那ではなく、妻が返済したいとなった場合はどうなるでしょうか。

住宅ローンの名義が旦那の場合は、元夫の口座などを通じて残ローンを返済していくことになるので、離婚後も元夫と連絡をとる必要があります。

離婚後に元夫と一切、連絡を取りたくない場合は、住宅ローンの名義を変更する必要があります。ただし原則、住宅ローンの名義変更はできません。

その場合は、住宅ローンの借り換えをします。住宅ローンの借り換えとは、別の銀行などの金融機関から妻名義の住宅ローンを借り、夫名義の住宅ローンを返済することです。

住宅ローンの借り換えをすれば、住宅ローンについて、離婚後に夫と連絡を取る必要はなくなります。ただし、住宅ローンの借り換えをする場合は、妻が住宅ローンの審査に通る必要があります。

住宅ローンの審査は、収入金額や勤め先など信用を重視するため、離婚後に無職になる場合などは、審査に通らない可能性が高くなります。

関連記事
土地は妻 建物は夫 売却
「土地の名義は妻、建物の名義は夫」というような物件を売却するには、 ①建物を借地権付き物件として売る ②土地(底地)だけを売る ③名義を統一して土地と建物をセットで売る という3つの方法があります。 今回はそれぞれの売却方法について説明し、さらに名義変更時の税金や注意点なども解説します。 借地権付き物件として建物だけを…

住宅ローンの返済が滞ることによるトラブル

住宅ローン残債がある家を財産分与により取得した場合は、離婚後に住宅ローンの返済が滞ることによるトラブルが起きる可能性もあります。

上述したように、住宅ローンの借り換えができない場合は、住宅ローンの名義は夫のままです。

この場合、住宅ローンの返済を続けていく方法は、「住宅ローンを元夫が支払い続ける」もしくは「妻が元夫経由で住宅ローンを支払う」のいずれかになります。それぞれ見ていきましょう。

住宅ローンを元夫が支払い続ける

夫名義の家には妻が住み続け、住宅ローンは元夫が支払い続けるケースです。この場合、仕事がうまくいかずに失業するなど元夫の経済状況が悪くなると、住宅ローンの支払いが滞ります。

妻が元夫経由で住宅ローンを支払う

元夫名義の家には妻が住み続け、住宅ローンも妻が支払い続ける場合です。直接、妻が住宅ローンを返済することができないため、元夫に毎月返済分の現金などを渡し、元夫から銀行などの金融機関に返済を行います。

この場合は、元夫がそのお金を住宅ローンの返済以外に使ってしまう可能性があります。どちらの場合も、住宅ローンの返済が滞れば、家が差し押さえられ、競売に出されるリスクがあります。

そうならないためにも、離婚の話し合いの際に、住宅ローンの返済状況などを常に確認できる方法を決めておく必要があります。できれば、公正証書などで話し合いの証拠を残しておいた方が良いでしょう。

生活シーン別 問題点と解決方法

住宅ローン

ここまでは、旦那名義の家に住む場合に起こりやすい、一般的なトラブルについて見てきました。ここからは、それ以外のケースについて、生活シーン別に問題点と解決方法を見ていきましょう。

名義変更せず、旦那に家賃を支払うケース

家を財産分与で取得する方法以外にも、離婚後に旦那名義の家に住み続ける方法はあります。それが、旦那に家賃を支払う方法です。この方法の場合、家も住宅ローンも旦那の名義のままです。

転校など子供の生活環境を変えたくない、元夫が家の所有権を放棄したくない場合などにこの方法がとられます。

元夫は受け取った家賃を住宅ローンの支払いに充てることができるので、住宅ローンの返済が滞る可能性は低くなります。

しかし、家賃を受け取ると不動産所得として、確定申告や納税を行う必要があります。

元夫が税金の支払いのことを頭に入れておかないと、資金繰りが悪化し、住宅ローンの返済が滞ることにもなりかねないため、注意が必要です。

友人などに任意売却を行い、購入者に家賃を支払うケース

財産分与で家を得ることが出来なかったり、一括で住宅ローンの返済ができなかったりするなどの理由で、離婚後に家を取得できないことがあります。

また、離婚後に元夫と一切関わり合いを持ちたくない人も多いです。そんなシーンで活用したい方法として、友人などに任意売却する方法があります。

任意売却後、購入者と賃貸借契約を結び、家賃を支払います。住宅ローンがオーバーローンの状態にある場合は、家を売却できません。

しかし、銀行など住宅ローンの債権者や連帯保証人と話し合いの上、承諾されれば、家を売却することも可能です。これが「任意売却」です。

任意売却は、不動産業者などを通じて、一般の不動産売却と同じように行われるのが一般的であるため、友人などの知り合いが購入することも可能です。

家を購入した友人などの知り合いに家賃を支払うことで、離婚後にも家に住み続けることができますし、住宅ローンの返済が終わっているのであれば、離婚後に住宅ローンのことで元夫と関わり合いを持つ必要がないメリットもあります。

ただし、家賃を受け取ると、不動産所得として確定申告や納税を行う必要があるので、注意が必要です。

関連記事
離婚
夫婦間で離婚が決まると、結婚生活の中で築き上げた財産を分与することになります。もちろん、自宅などの家も財産分与の対象です。 しかし、その家に住まなかったり、お金で分与した方が良かったりする場合は、その家を売却し、現金化してから財産分与を行います。家を売却する際に用いられる方法の1つに「任意売却」があります。 この記事で…

親族に住宅ローンの返済を頼むケース

親族でお金に余裕のある人がいる場合は、親族にローンの返済を頼むことで家に住み続けることができます。

具体的な方法としては、両親などの親族からお金を借りて住宅ローンを返済する方法と上述した任意売却で親族に家を買い取ってもらう方法の2つです。

ただし、親族がお金を拠出するため、離婚後、トラブルになる可能性もあるので、注意が必要です。

両親などの親族からお金を借りて住宅ローンを返済する方法では、離婚後に借入金の返済を滞りなく行う必要があります。親族への返済が遅れると、不仲になったりトラブルのもとになったりします。

任意売却で親族に家を買い取ってもらう場合は、家賃の支払いをするのかしないのか、支払いをするなら家賃の金額や支払方法をどうするのかなどを、事前にきっちり協議して決めておくことが必要です。

まとめ

離婚後に旦那名義の家に住むことは可能です。旦那名義の家でも、結婚後夫婦2人で築き上げたものであれば、財産分与の対象になるからです。

妻が家を取得する代わりに、旦那が他の財産を多く取得するなど、財産分与の話し合いで決着をつけることが可能です。

しかし、住宅ローンの残額がある場合や条件が合わず、旦那が家の財産分与に納得しない場合などは、離婚後に旦那名義の家に住むことが難しくなることもあります。

その場合は、財産分与に関して高い知識のある弁護士等の専門家に相談した方が良いでしょう。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。

共有持分の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191