二世帯住宅の売却相場と少しでも高値で売る7つのポイント

二世帯住宅

二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。

この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイントを一つ一つ丁寧に解説していきます。

二世帯住宅の売却相場

二世帯住宅は「完全分離型」「一部共用型」「完全同居用型」の3種類に分類することができます。それぞれどのような特徴があり、売却の価格相場はどのようになるのかをみていきましょう。

関連記事
平屋
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

完全分離型の相場

完全分離型とは、それぞれの世帯の住居が、住宅として完結した機能をもった二世帯住宅のことです。世帯を分離する方法は、長屋やテラスハウスのように壁を挟んだものと、1階と2階などの階層で分離する重層長屋方式があります。

それぞれの世帯が完結している住宅であるため、建築基準法上の用途は、一戸建ての住宅ではなく「長屋」もしくは「共同住宅」になります。このためそれぞれの世帯を分離する壁や床は、防火機能を有する「界壁」とする必要があります。また水道や電気は個別に引くため、光熱費はそれぞれの世帯で支払いをすることになります。

二世帯住宅を新築する際の建築工事費は新築の住宅を二軒建てる費用とほぼ同額になり、かつ敷地面積も二軒分の広さがあるため、中古物件として売却する際も、価格相場は、ほぼ中古一戸建ての二軒分に匹敵する価格になります。

ただし土地・建物をそれぞれの世帯で分けて所有することが可能であるため、親世帯あるいは子供世帯のみを分割して売却することができます。

一部共用型の相場

一部共用型とは、玄関、ダイニング、リビング、浴室、トイレなどの住宅機能の一部を共用するタイプの二世帯住宅のことです。

何を共用にして、何を専用にするかは、それぞれの世帯の価値観や工事予算によって異なりますから、間取りは千差万別です。一部共用部があるため、お互いの世帯へは基本的に自由に行き交うことができます。また子供世帯を別棟として建築して、母屋のダイニングや浴室などを共用で使うといったタイプの二世帯住宅もこの一部共用型になります。

一部共用型においては、ダイニングや浴室などを二カ所設けるために、一般の住宅に比べて建築工事費は割高になります。売主の要望も聞いたうえで価格を決めるため、価格相場は一般の住宅に比べて割高になる傾向があります。

しかし一部共用型の二世帯住宅は、家族ごとに価値観が異なることもあり、買主側も希望どおりの間取り物件に出合えることがなかなかありません。購入希望者が現れないために、最終的には大幅に値引きをして売却するケースも少なくありません。

完全同居型の相場

完全同居型とは、個室以外の部屋はすべて共用で使用するタイプの二世帯住宅のことです。工事費用は他の二世帯住宅と比べて割安になりますが、世帯ごとのプライバシーはほとんど確保できません。

新築時の建築費単価は、一般の住宅と変わりませんが、部屋数が増えるため建物面積が大きい分だけ割高になります。このため中古住宅として売却する際の価格相場は、一般的な広さの住宅よりも割高になります。

二世帯住宅を少しでも高値で売る7つのポイント

バリアフリー
家族の個性がそのまま形となっている二世帯住宅は、なかなか売れないというのが、世間の評価です。このような二世帯住宅を少しでも高値で売却するためには、どのような工夫が必要なのでしょうか。少しでも高値で売るためのポイントをみていきましょう。

1:生活感を消去する

二世帯住宅は、一般的な住宅以上に居住者の生活の痕跡が残ってしまいます。両親から孫までの三世代が同居していれば、よけいに痕跡は濃いものになります。

和室において畳の傷みや焦げ跡、ふすまの破れ、あるいは子供部屋の壁紙への落書きといった居住者が見慣れた光景であっても、購入希望者にとっては不快に感じることがあります。また同様に生活臭やタバコ臭といった臭いも忌避される原因となることがあります。

このため売却に際しては、専門のハウスクリーニング業者に依頼して、水回りを中心に室内の清掃を徹底的に行った方がいいでしょう。

関連記事
事故物件清掃
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

2:二世帯住宅の売買で実績のある不動産会社に仲介を依頼する

二世帯住宅は、一般の住宅と比べて、買い求める人は限定されています。そのため「二世帯住宅は売れない」という先入観を持っている不動産会社は少なくありません。このような感覚の不動産会社に仲介を依頼すると、購入希望者の探し方もおざなりになるばかりでなく、極端に安値の売却価格を提案してきます。

二世帯住宅の売却には独特の販売ノウハウが必要です。そのうえで不動産業者独自の購入希望者リストがあれば、さらに売却できる可能性が高くなります。つまり二世帯住宅の仲介実績が豊富な不動産会社に依頼した方が、売却できる可能性が高くなるということです。仲介を依頼する際は、二世帯住宅の販売実績を確認したうえで、判断した方がいいでしょう。

3:完全分離型はテラスハウスとして分割して販売する

完全分離型で親子がそれぞれ所有者になっている物件は、テラスハウスとしてそれぞれを個別に売り出すことができます。

完全分離型は住宅二軒分相当の建設費をつぎ込んでいるので、販売価格も他の二世帯住宅のタイプと比べて高い設定になります。それぞれ一戸ごと売り出すことで、手ごろな価格帯になるため、売却できる可能性が高くなります

ただし土地・建物を親子共有にしている場合は、事前に分筆して、親と子供がそれぞれの物件の所有者になるよう名義変更する必要があります。

4:住宅以外の使い方を提案する

二世帯住宅の購入を希望している人は限定的なために、不動産を探している人の中には「二世帯住宅」というだけで関心を失くす人もいます。このため住宅以外の使い道があることを積極的にアピールしていくことが重要です。

たとえば完全分離型であれば、「自己居住用」+「賃貸住宅」という活用法を提案します。買い手も家賃収入が期待できるため、関心を示す人も増えます。

また一部共用型であれば、シェアハウスとしての活用が期待できます。ダイニングや浴室が二カ所あれば、自らが居住しながらシェアハウスや下宿としての活用も可能になります。

さらに完全同居型の場合は、個室の数が多いことから、合宿所や民泊への活用も期待できます。

こうした活用法を売主自らが提案することで、購入希望者の関心を集めることが可能になります。

関連記事
事故物件 民泊
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

5:バリアフリー機能を強調する

二世帯住宅の特色として、親世帯が使用する空間のバリアフリー機能が充実しているということがあります。

二世帯住宅を探している人の中には、実家で一人暮らしをしていた親の介護が必要になり同居待ったなしという人もいます。

スロープや手すりなどのバリアフリー機能が充実している住宅であれば、ぜひ購入したいという人が現れる可能性もあります。

関連記事
傾いた家
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

6:修繕箇所は直しておく

雨漏りやシロアリ被害があれば、修繕をしておくのは当然のことですが、そこまで重大な瑕疵でなくても、気になることがあれば予め修繕しておいた方がいいでしょう。

たとえば建具の立て付け不良、壁クロスのめくれ、フローリングの浮きや鳴り、水回りの不備などがあります。これらの不具合はそのままでも販売することは可能ですが、修繕を済ませておいた方が、購入希望者の印象が良くなります。

たとえ購入の意思表示があったとしても、そうした不備を理由に大幅な値下げを要求されることもありますから、多少の費用を投じてでも修繕した方が、高値での売却に結びつく可能性が高くなります。

関連記事
雨漏り
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

7:インスペクションを実施する

日本で中古住宅があまり流通していない理由の一つとして「どんな不備が潜んでいるのか分からない」といったことがあります。

購入希望者の不安を払しょくするためには、既存住宅状況調査(インスペクション)の実施が有効です。インスペクションを実施した住宅は、重要事項説明の際に「建物現況調査の結果の概要」を書類として提示できるので、買主の不安を解消する一助となり、高値での売却が期待できます。

関連記事
瑕疵担保責任
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

二世帯住宅が1年以上売れないときに見直すべき4つのこと

オープンハウス
二世帯住宅は、なかなか売れないという声をよく耳にしますが、売却活動を始めて1年以上経っても売れないという事態になると、さすがにこれまでの方針を見直した方がいいでしょう。どんな点を見直すべきなのか考えていきましょう。

1:売却価格を見直す

1年以上経っても売れないとなると、まずは価格設定を見直す必要があります。二世帯住宅を新築したときの工事費のことを考えると、価格を下げるのは勇気がいりますが、売れないという現実が、価格設定が高すぎるという何よりの証左です。市場価格に見合った価格に引き下げて、再度売り出しを図りましょう。

2:仲介の不動産業者を変える

いつまでも売れないのは、不動産業者の販売能力に問題があるとも解せます。積極的に購入希望者を探していない可能性がありますから、三カ月ごとの契約更新の際には、二世帯住宅に実績のある不動産業者に依頼することも視野にいれておきましょう。

3:空き家状態にして売り出す

売却に際して、室内をクリーニングしても、入居したままの状態では美装にも限界があります。生活感を一掃させるためには、家を空き家状態にして、オープンハウスとして内覧してもらう方が、家に対する印象がアップします。

特に二世帯住宅においては、引き渡し後にそのまま利用する人は少なく、リフォームやリノベーションをした後に入居する人が大勢います。そうした希望を持つ人は、専門家のアドバイスを受けながら内覧をしたいと考えていますから、フリーに物件に出入りできた方が歓迎されます。これまで以上に関心を持ってもらえる層を開拓する意味でも空き家にして売却する方法はとても有効です。

4:訳あり物件の専門業者に買い取ってもらう

二世帯住宅を売却する理由の一つに、親の死があります。こうしたケースでは、たとえ親が病院で亡くなっていても購入を敬遠されることがあります。もし親の死が原因で、売却に時間がかかっているとしたら、訳あり物件専門の業者に買い取ってもらう方法がとても有効です。

訳あり物件を専門に取り扱っている業者は、物件を大胆にリフォームすることによって、価値のある物件としてリセットするノウハウを持ち合わせています売却の方法を熟知しているからこそ、意外と高値で買い取ってもらえます

当社は二世帯住宅の買い取りに自信があります

当社クランピーリアルエステートは、全国800人を超える弁護士・司法書士・税理士と連携しております。そのため各種法的トラブル(瑕疵担保責任など)の問題解決が可能になり、通常の不動産会社では取り扱いが難しい物件の買い取りを得意としています。

下記リンク先の「不動産スピード買取窓口」に依頼をして頂くと最短48時間以内という早さで現金化が可能なだけでなく、これまでに大手不動産会社などで断られた物件も柔軟に買い取ることができます二世帯住宅の売却をご検討の方は、お気軽にご相談ください

二世帯住宅を売却する際の税金

住宅売却時の税金
二世帯住宅の売却の目途がたったときに気になるのが税金です。二世帯住宅の売却に際しては、どのような税金が課せられるのかをみていきましょう。

関連記事
税金
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

印紙税

印紙税は、公正な取引を担保してくれた見返りとして、国や自治体に納める税金です。売買契約書に収入印紙を貼りつけることで納税したことを示します。

課税額は、売却金額によって次のように定められています

記載された契約金額 税額
10万円を超え        50万円以下のもの 200円
50万円を超え        100万円以下のもの 500円
100万円を超え      500万円以下のもの 1千円
500万円を超え      1,000万円以下のもの 5千円
1,000万円を超え   5,000万円以下のもの 1万円
5,000万円を超え   1億円以下のもの 3万円

参照:国税庁No.7108 不動産の譲渡、建設工事の請負に関する契約書に係る印紙税の軽減措置

登録免許税

不動産を売却した際には、所有権移転登記が行われます。この手続きを行う際に納めるのが登録免許税です。登録免許税の税率は売却価格の2%です。
参照:国税庁 No.7191 登録免許税の税額表

譲渡所得税

譲渡所得税は、二世帯住宅を購入した費用よりも売却で得た費用の方が上回っていた際に課せられる税金です。譲渡所得税は所得税と住民税に分けて次の計算式で算出します。

所得税=〔収入金額 – (取得費 + 譲渡費用) 〕×15%(所有期間が5年以下は30%)
住民税=〔収入金額 – (取得費 + 譲渡費用) 〕× 5%(所有期間が5年以下は15%)

参照:国税庁 No.1440 譲渡所得(土地や建物を譲渡したとき)

関連記事
譲渡所得税
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

居住用の3000万円特別控除

二世帯住宅のように居住用の不動産を売却した場合は、譲渡所得から3000万円までの特別控除が適用されます。つまり売却益が3000万円以内であれば、譲渡所得税は非課税となります。

ここでの注意点は「居住用」ということです。一部共用型や完全同居型は居住用として認められますが、完全分離型は所有者が誰かによって異なってきます。たとえばすべて親の名義で登記していた場合は、子供世帯の居住スペースは所有者の居住スペースではないと見なされ特別控除は適用されません。完全分離型の二世帯住宅の場合は、区分所有にして親と子がそれぞれ所有していないと譲渡所得税の取り扱いは不利になります。
参照:国税庁 No.3302 マイホームを売ったときの特例

関連記事
不動産取得税
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

相続をした場合は売却のタイミングに注意

二世帯住宅を売却する理由の一つに親の死があります。この場合、相続税対策として売却のタイミングに配慮が必要です。

一部共用型や完全同居型においては、同居していたとみなされるため、二世帯住宅の延べ床面積が330平方メートル以下であれば、小規模宅地等の特例によって、住宅の評価が80%減額されます。

ところが、この特例を適用するためには「相続税の申告期限まで居住して、かつ所有していること」という条件を満たす必要があります。相続税の申告期限は、被相続人の死亡を知った日の翌日から10カ月以内ですから、この特例を受けるためには、少なくとも10カ月間は売却できないということになります。売り急いで早々に売却をすると、相続税の追徴という事態にもなりかねませんから注意が必要です。
参照:国税庁 No.4124 相続した事業の用や居住の用の宅地等の価額の特例(小規模宅地等の特例)

関連記事
資産組み換え
二世帯住宅は売却に苦労するという話をよく耳にします。もし本当になかなか売れないのであれば、どんな点に工夫をこらせば、高値での売却が実現するのでしょうか。 この記事では、二世帯住宅を少しでも高値で売却するための着目ポイント...

まとめ

ここまで二世帯住宅を少しでも高値で売るポイントについて説明をしてきました。二世帯住宅は、完全分離型、一部共用型、完全同居型のそれぞれのタイプによって、買主の使い方が異なってきます

売却しようとする二世帯住宅が、どのような階層の人にどのような使われ方をするのかということをしっかりと予測したうえで売却に臨むことが重要です。

なかなか購入希望者が現れない二世帯住宅は、不動産仲介で売却するよりも買取専門業者に売却した方が、メリットがあります。「取引事例の多さ」「現金化までの時間の短さ」「買取対象物件の豊富さ」の3つのポイントに着目して買取業者を選択すると、きっといい結果に巡り合うことができるでしょう。

当社クランピー・リアルエステートでも二世帯住宅をはじめ、さまざまな物件を取り扱っております無料相談も行っていますので、どうぞお気軽にご相談ください

最終更新日:

訳あり物件の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191