「底地」ってなに?知っておきたい基礎知識と売却方法

底地を売却したい方はこちら

戸建て
マンション
土地
その他
-
▼ 郵便番号から自動入力されます ▼
住所
0120-543-191
受付時間 10:00 – 19:00 (土日祝を除く)

底地ってなに?

借地権所有/借地権底地(地主所有)

土地の権利である借地権等が設定されている土地のことを「底地(そこち)」といいます。「土地を誰かに貸して地代収益を得ている土地」ともいえます。底地において土地の所有権は地主にありますが土地自体の「使用・収益」は借地人の権利であるため認められません。

底地の評価と価格

  • 鑑定評価

    不動産鑑定士による鑑定評価は様々な要素から底地を評価するため、多角的視点からみて価値が分かります。国土交通省が定めている「不動産鑑定基準」が鑑定時の指標になります。

  • 相続税路線価

    相続税路線価では底地の割合を求めるために必要な、借地権割合が分かります。元々は一つだった土地からどれだけの割合が底地なのかを求めることで、簡単に評価額を算出することができます。

  • 取引事例比較法

    取引事例比較法は該当物件の周辺でおこなわれた取引等から近しい事例を選んで平均価格を算出して評価する方法です。実際の取引事例をもとにするため、売買査定価格を知りたい人はとても参考になるでしょう。

底地のよくあるお悩み

地代を払ってもらえない(滞納)

底地を所有する地主のお悩みで多いのが、借地権者との地代トラブルです。借地契約を結んでから一度も滞納などをしない借地人もいますが、様々な理由で滞納が続いてしまっている困った借地人もいることでしょう。
地代の滞納が改善されない場合、地主は借地契約を解除することができますが、裁判等で正当性が認められなければなりません。また、催告状や契約解除通知等に借地人が応じない場合は法的手段も考えなければならないため、弁護士の協力が必要になるケースもあります。

相続する底地を手放したい

底地を相続することになりそうだけど、相続税等が払えない、地主にはなりたくないという人は少なくありません。普通の不動産ならば相続せずに売却することは難しくありませんが、流動性が低い底地の場合は買い手が見つかりにくく、売却価格も通常より低く設定しないと売れない傾向があります。

この場合、借地人に底地を売却するか、物納という選択をするかになります。ただしどちらも条件等を満たさなければならないためスムーズに手放すことは難しいかもしれません。

新着記事

12

ctaMain__copy

0120-543-191
受付時間 10:00 – 19:00 (土日祝を除く)
ctaMain__mail