不動産の法定相続持分を売却する方法とは?相続の基本ルールや売却すべき状況まで解説します!

法定相続 持分 売却

相続発生時に各相続人が相続できる財産の割合については民法で定められており、その割合を「法定相続持分」といいます。

不動産を相続する場合、この「法定相続持分」を相続前に売却することも可能です。

ただし、法定相続持分は通常の不動産と異なり、買主が見つかりにくく、価格相場も低くなりやすいため注意が必要です。

相続不動産の法定相続持分を高く売りたい場合、一般の不動産業者ではなく共有持分の専門業者に買取してもらうとよいでしょう。

共有持分の専門業者であれば、法定相続持分の使い道も熟知しているので、一般の不動産業者よりも高く確実に買取してもらえます。

「あなたの法定相続持分がいくらで売れるか?」まずは無料査定で確認してみてはいかがでしょうか。

目次

相続が発生したときにおける法定相続持分の基本ルール

法定相続持分とは、文字どおり「法律で定められた相続の持分」です。

文字を見るだけでも、なんとなく「相続の際に最低限もらえる取り分」であることはわかると思います。

しかし、実際に相続が発生したとき、法定相続持分をどのように取り扱うかについては曖昧な方も多いのではないでしょうか。

相続が発生したときにおける法定相続持分の基本ルールは、売却する際にも必要な知識です。まずは、相続時における法定相続持分の基礎知識を確認していきましょう。

法定相続持分とは「民法で定められた相続の取り分」

法定相続持分は、正確にいうと「法定相続分の持分」です。持分とは、1つのものを共有しているときに各共有者がもっている権利の割合を指します。

そして、法定相続分とは「民法で定められた相続の取り分」です。

つまり、法定相続持分とは民法で定められた相続の取り分について、各相続人がどれくらいの権利をもっているかを指す言葉といえます。

参照:e-Govポータル「民法第900条」

「遺言」や「遺産分割協議」の方が優先される

相続において、財産の分割が必ず法定相続分どおりになるとは限りません。

被相続人の遺言によって、相続割合や分割方法が指定されていれば、そちらが優先されます。

また、遺産分割協議で相続人すべてが同意すれば、法定相続分を無視した相続が可能です。

遺言による指定や、相続人全員の合意による取り決めがあれば、法定相続分とは違う内容で相続がおこなわれます。

法定相続分と遺留分の違い

法定相続分と似た用語で、遺留分というものがあります。

遺留分とは、法律で最低限保障される相続財産の割合です。遺言や遺産分割協議より優先される点が法定相続分と違います。

残された配偶者や子供が一方的な不利益を受けないために、ある程度の財産を確保できるようにした制度です。

法定相続分 ・民法で定められた相続の割合
・遺言や遺産分割協議が優先される
遺留分 ・民法で定められた相続人が最低限取得できる財産の割合
・遺言や遺産分割協議で遺留分を無視されたときは他の相続人に請求できる

関連記事
遺留分侵害額請求
遺留分とは、遺産相続において法定相続人(兄弟姉妹以外)に最低限保障される遺産の取得分です。 被相続人の遺言や、相続人たちの遺産分割協議によって遺留分に反した相続がおこなわれた場合、遺留分侵害額請求を起こせば「本来もらえるはずだった相続分」を取り戻せます。 遺留分侵害額請求をおこなうとき、不動産の評価額は「相続が発生した…

参照:e-Govポータル「民法第1042条」

法定相続持分の計算方法

法定相続持分は、亡くなった方との続柄と、法定相続人が何人いるかで決まります。

  1. 相続人が配偶者と子供のときは、各1/2
  2. 相続人が配偶者と直系尊属のときは、配偶者は2/3、直系尊属は1/3
  3. 配偶者と兄弟姉妹が相続人のときは、配偶者は3/4、兄弟姉妹は1/4

上記のリストは上から順に優先され、亡くなった方に子供がいなければ直系尊属(被相続人の父母や祖父母)が、直系尊属もいなければ被相続人の兄弟姉妹が法定相続人になります。

また、子供や直系尊属が複数人いるときは、各法定相続分を該当の人数で割ります。

例えば、3,000万円の遺産を配偶者と子供2人で相続する場合、
3,000万円×1/2(子供の法定相続分)=1,500万円
1,500万円÷2(子供の人数)=750万円
となり、配偶者が1,500万円、子供がそれぞれ750万円受け取ります。

法定相続人や法定相続分の計算については、下記の関連記事も参考にしてください。

関連記事
相続 割合 決め方
相続割合を決める方法には「法定相続分」「遺言書」「遺産分割協議」の3種類があります。 原則として、遺言書がある場合はその内容どおりに相続しますが、遺言書がない場合は法律で定められた法定相続分どおりの割合で遺産を相続します。 また自分たちで相続割合を決めたい場合、遺産分割協議という話し合いをおこって、そこで決定した内容ど…

関連記事
法定相続人の範囲
相続が発生した際に、だれが相続人になれる権利を持っているのかと疑問を抱く人も少なくありません。相続人の範囲は配偶者や血族など被相続人との関係性によって決定されます。 この記事では、法定相続人の範囲と順位をメインテーマとしてわかりやすく解説していきます。 また、相続人の範囲から除外されるケースや注意点についても説明するの…

遺産分割が終わってなくても「法定相続分どおりに共有する登記」は可能

不動産を相続したときは、法務局に相続登記を申請しなければなりません。

登記とは、不動産に関するあらゆる権利を管理する国の制度です。相続登記は、不動産の名義を被相続人から相続人に変更するためにおこないます。

そして、相続は遺産分割協議で相続人全員が合意するまで確定しません。遺産分割協議が終わるまで、相続財産は相続人の共有財産とみなされるのです。

通常、不動産の相続登記は遺産分割協議が終わってから申請します。

しかし、法定相続分どおりの共有名義にするのであれば、遺産分割協議で合意する前に申請が可能です。

各相続人が、単独で登記申請できます。

例えば、5,000万円の相続不動産があり、相続人が配偶者・子供A・子供Bだったとします。
「配偶者1/2、子供A1/4、子供B1/4」の割合で不動産を共有名義にするのであれば、各相続人がそれぞれ単独で、他の相続人から同意をもわらなくても登記可能です。

実務においては、遺産分割が長引くために一時的な措置として登記するケースなどがあります。

遺産分割協議で「法定相続分以外の分割」が決まれば登記の修正が必要になる

法定相続分より、遺産分割協議の結果の方が優先されるのは先に解説したとおりです。

遺産分割協議をせずに「法定相続分どおりに共有する登記」をしても、登記後に遺産分割協議をして、法定相続分とは違う分割が決まれば登記をし直す必要があります。

登記の手間や費用が二重にかかってしまうので、遺産分割協議前の登記申請は慎重に考えてからおこないましょう。

遺産分割協議で相続人が合意しなければ「調停・審判」で相続割合を決定する

遺産分割協議が長引き、当事者だけでは相続を終えられない場合、裁判所に申し立てることで相続割合を決められます。

裁判所の手続きには順序があり、最初に遺産分割調停をおこないます。調停は裁判所の調停員が間に入りますが、あくまで話し合いであり、相続人たちが和解するのが目的です。

調停で和解できなければ、次は遺産分割審判をおこないます。審判では、裁判官が相続人たちの主張と証拠を踏まえて遺産の分割方法を決定します。

遺産分割審判まで進むと決着まで1~3年かかり、相続財産を手に入れるのが大幅に遅くなるかもしれません。

ちなみに、遺産分割において裁判になることはありません。ただし、遺産分割の前提条件(遺産の範囲や遺言書の有効性など)に争いがあるときは、訴訟によって解決する場合があります。

相続不動産の法定相続持分を売却する3つの方法

相続不動産の法定相続持分を売却する具体的な方法として、以下の3つがあげられます。

  • 1.不動産を「法定相続人の共有名義で登記してから売却」する
  • 2.相続を終わらせる前に法定相続持分を「法定相続人の間で売買」する
  • 3.相続を終わらせる前に法定相続持分を「第三者へ売却」する

重要なのは、売却するタイミングです。相続前に売却すれば、相続に関する労力を大きく減らせます。

また、だれに売却するのかも大切なポイントといえます。第三者に売却したいのであれば、相手によっては売却価格が低くなるかもしれません。

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

1.不動産を「法定相続人の共有名義で登記してから売却」する

相続不動産は、名義を亡くなった人から相続人へ変更しなければ売却できません。

そのため、相続不動産を法定相続人の共有名義で登記してから売却するのが一般的です。

「法定相続分どおりに共有する登記」は各法定相続人が単独で可能と解説しましたが、後々のトラブルを防ぐためにも、基本的には遺産分割協議で合意してから相続登記をしましょう。

共有名義にすれば、売却するのは「共有不動産の全体」か「自分がもっている共有持分※」のどちらかにするか、という話になります。

※共有持分・・・不動産を複数人で共有しているとき、それぞれの共有者がどれくらいの所有権をもっているか表す言葉

それぞれの売却パターンについては、下記の関連記事に詳しく解説しているので参考にしてくさい。

関連記事
共有不動産 全員 売却
共有不動産そのものを売却するには、共有者全員の同意が必要です。しかし、共有者間の意思が統一できないと共有不動産を巡ってトラブルが起きてしまいます。 共有不動産の売却を考えている人は ・どのようにして売却すればいいの? ・共有者間ではどんなトラブルが起きやすいか知っておきたい。 ・もしも共有者間で揉めてしまったらどうしよ…

関連記事
共有持分
「両親が亡くなって兄弟姉妹で実家を引き継いだ」「夫婦でローンを組んでマイホームを購入した」などを理由に、共有不動産の「共有持分」を持っている人は少なくありません。 共有持分とは、1つの不動産を複数人で所有する際の所有権の割合です。複数人で1つの不動産をもつため、権利関係が複雑になりやすいのが特徴です。 そのため、共有持…

2.相続を終わらせる前に法定相続持分を「法定相続人の間で売買」する

遺産分割協議を経ずに、自分の法定相続持分を売却することも可能です。

例えば、法定相続人として配偶者・子供A・子供Bがいたとします。法定相続持分はそれぞれ配偶者1/2、子供A・Bがそれぞれ1/4ずつです。
このとき、配偶者が子供Bに対して、自分の法定相続持分1/2を売却することが可能です。

上記の例だと、相続財産の取り分は子供Aが1/4、子供Bが3/4となります。

また、法定相続持分の売買は持分の一部だけ売却することもできます。

つまり、法定相続持分を1/2もっている場合、半分だけ売却して、1/4を自分の手元に残すことも可能です。

自分の法定相続持分を売却したときは、その証明ができるように「相続分譲渡証明書」を作成しましょう。決まった書式はないため、下記の画像を参考にしてみてください。

相続分譲渡証明書

「法定相続人の間で売買」と「相続放棄」の違い

自分の法定相続持分を他の法定相続人に譲りたいのであれば、相続放棄をするという方法もあります。

相続放棄の場合、放棄した相続人は最初からいなかったものとして扱われるのが「法定相続人の間で売買」と異なる点です。

例えば、被相続者の子供が相続放棄をした場合、他に子供がいなければ、直系尊属が相続人になります。相続の配分も「相続人が配偶者と直系尊属のとき」で計算し、配偶者は2/3、直系尊属は1/3となります。

また、法定相続持分の一部だけ放棄するということもできません。

相続放棄はだれに自分の持分を譲るか選べず、どれだけ譲るのかも自由に決められないという違いがあります。

3.相続を終わらせる前に法定相続持分を「第三者へ売却」する

法定相続持分は、法定相続人以外の第三者へも売却可能です。

売却先の例としては、法定相続人以外の親族が多くなります。

また、相続にあたって被相続人の負債を清算するために、不動産業者や投資家に売却するケースも少なくありません。

ちなみに、法定相続分の売却後、遺産分割協議で法定相続分とは違う分割割合が決まっても、売買契約は解除できません。

遺産分割協議によって自分の取り分が法定相続分より少なくなった場合、自分の資産から補填する必要があるので注意しましょう。

例えば、相続財産が3,000万円のとき、法定相続分1/2を第三者に売却したとします。その後、遺産分割協議で自分の取り分が1/4になっても、売買契約は解除できません。
つまり、差額である1/4(750万円)を、自分の資産から他の相続人へ補填することになります。

相続前の売却は「特定の財産だけ選んで売却できない」点に注意

相続前に法定相続持分を売却する際には、1つ注意点があります。売却できるのはあくまで持分であり、相続財産から特定の財産だけを選んで売ることはできないという点です。

例えば、相続財産が現金・不動産・証券と何種類かあったとします。
この場合、仮に法定相続分が1/2あったとしても、不動産の1/2だけ売却することはできません。

相続前の売却は、言い換えれば「相続で財産を受け取る権利」を売却しているともいえます。「どのような内訳で受け取れるのか」は、他の相続人と話し合わなければなりません。

相続財産のうち特定の財産だけ売却できるのは、遺産分割協議で配分の内訳が決まった後となります。

不動産の法定相続持分を売却するときは「共有持分専門の買取業者」がおすすめ

遺産分割協議で配分の内訳が決まった後や、そもそも相続財産が不動産しかないとき、不動産の法定相続持分を売却できます。

しかし、法定相続持分を第三者に売却する際、問題になるのは売却先の少なさです。

法定相続持分だけを手に入れても、不動産の処分や活用には他の相続人と交渉が必要になります。そのため、一般的な不動産業者や投資家はまず購入しないでしょう。

一方、被相続人の負債を清算するのが目的の場合など、なるべく早く法定相続持分を売りたいという状況もあるはずです。

そんなときは、共有持分専門の買取業者に相談するのをおすすめします。共有持分の取り扱いに慣れている専門業者であれば、一般的な不動産業者より高額で、かつ最短数日のスピード買取が可能です。

当社クランピーリアルエステートも不動産の法定相続持分を高額&スピード買取中!

当社クランピーリアルエステートも共有持分専門の買取業者ですが、他社にはない強みがあります。

それは、全国800を超える弁護士・司法書士・税理士などの専門家と強力なネットワークを形成しており、法的な権利調整やトラブル解決が得意である点です。

他の専門買取業者ですら取り扱えないような、遺産分割でトラブルになっている不動産も高額で買い取れる自信があります。

また、必要があれば、遺産分割のトラブルを解決するために最適な弁護士や司法書士を紹介できます。

無料査定も実施しており、査定内容に納得いただけなければ売却を強制することもありません。法定相続持分の売却を検討している方は、ぜひお気軽にご相談ください。

法定相続持分の売却から相続トラブルの解決まで、総合的なアドバイスを無料相談でお答えします。

相続不動産の法定相続持分を売却するメリット&デメリット

相続不動産の法定相続持分を売却すべきかどうか、悩んでいる方も多いでしょう。

相続は法制度や権利関係が複雑なため、法定相続持分を売却するとどうなるか具体的にイメージしづらいと思います。

売却した場合のメリットとデメリットを紹介しますので、それらを比較して、自分の状況に合った選択をしましょう。

【メリット1】遺産分割をスムーズに終えられる

1つ目のメリットは、遺産分割をスムーズに終えられる点です。

遺産分割協議や相続登記など、相続にはとにかく手間と時間がかかります。

弁護士や司法書士に手続きや交渉を代行してもらうこともできますが、少しでも早く相続を終わらせたいという人もいるでしょう。

法定相続持分の売却は、面倒な相続をすぐに完了するにはもっとも適した方法といえます。

【メリット2】不動産が共有名義になってしまうのを避けられる

不動産は物理的にわけにくい財産であるため、相続の際に共有化するケースは少なくありません。法定相続分に合わせて共有持分を設定すれば、一見公平な分割ができます。

しかし、共有名義の不動産は管理や処分に共有者間の同意が必要であり、将来的なトラブルになりやすい状態です。

関連記事
共有持分
複数の人が1つの不動産を所有している状態の「共有不動産」と、各名義人(=共有者)がどれくらいの所有権をもっているのか表す「共有持分」。 共有不動産は通常の単独名義の不動産と違い、さまざまな制限があります。共有者間での利害も対立しやすく、トラブルが起こりやすい状態といえるでしょう。 共有持分は有効活用の制限や資産価値の減…

そのため、不動産を共有名義にするのは基本的に避けるべきといえるでしょう。

【デメリット1】勝手に売却すると相続人の間でトラブルになる恐れがある

他の相続人に相談せず法定相続分を売却すれば、トラブルになるかもしれません。

とくに、第三者に売却した場合、遺産分割に本来関係なかった人が介入してくるので、他の相続人としては心情的に納得しづらいでしょう。

今後の関係性も考慮するなら、他の相続人には一言相談すべきかもしれません。場合によっては、相談を聞いた他の相続人が買い取ってくれる可能性があります。

逆に、他の相続人との仲がすでに悪化している状態なら、いち早く関係を断つために法定相続分を売却するという考え方もあるでしょう。

【デメリット2】買主が見つかりにくく価格相場も低くなりがち

すでに解説しましたが、法定相続持分だけを売り出しても、一般的な不動産業者や投資家はまず購入しません。

需要が少なければ、市場価格も低くなります。本来の価値から5~7割程度の価格になるのが普通です。

少しでも高額で売却したい場合は、すでに伝えたとおり共有持分専門の買取業者へ相談するのをおすすめします。

専門に取り扱う業者には、需要も供給も集中します。自然と一般的な市場よりも流通相場が高くなり、あわせて買取価格も高額になるのです。

相続不動産の法定相続持分を売却すべき状況とは?

相続不動産の法定相続持分を売却するメリットとデメリットを紹介しましたが、次はより具体的に、どのような状況であれば売却すべきかを紹介していきます。

あくまで代表的なケースなので、紹介するもの以外でも売却すべき状況はあると思います。

自分の状況を検討するための、標準的な事例として参考にしてください。

遺産分割で他の相続人と揉めている

メリット&デメリットでも少し触れましたが、遺産分割でトラブルとなっており、解決に時間がかかるときは法定相続持分の売却を検討してみましょう。

遺産分割がまとまらなければ、裁判所による調停や審判に発展します。解決は長ければ数年かかり、その間相続財産は自由に処分・活用できません。

長期間、相続財産に手を付けられないのは損失です。資産運用で収益を増やす可能性や、売却して生活費や教育費に充てる選択肢を潰してしまうことになります。

また、他の相続人と揉め続けるのも精神的に辛いものです。場合によっては仲が悪くなるだけでなく、嫌がらせなどに発展する恐れもあるでしょう。

相続トラブルは単純な利害だけでなく、感情的な理由で対立する場合もあります。遺産分割が長期化して無駄な時間を過ごすより、法定相続持分を売却して早めに自分の取り分を確保するのも一つの選択肢といえるでしょう。

相続不動産の価値が低い

相続不動産の価値そのものが低ければ、遺産分割前に売却した方がコストパフォーマンスがよいといえます。

遺産分割協議や相続登記に時間をかけ、相続税や登記費用を支払っても、手に入れた不動産が1円の価値もないのでは意味がありません。

また、不動産はもっているだけで固定資産税や修繕費といった費用がかかります。自分が住むわけでもなく、収益化もむずかしいのであれば、相続前に売却してしまうのもよいでしょう。

相続手続きや相続後の不動産管理が面倒

繰り返しになりますが、相続には遺産分割協議や相続登記といった手続きが必要です。他の相続人とトラブルになれば、調停や審判で1~3年の時間がかかります。

また、不動産は取得後の管理にも手間がかかるものです。日々の清掃や修繕は必須であり、放置していると自治体から指導が入ることもあります。

共有名義で相続してしまうと、他の共有者と相談が必要になり、なにをするにもいちいち連絡を取り合わなければなりません。

早めに売却した方が相続手続きや不動産管理の手間をなくせるうえに、売却益を生活資本や投資資本に回せて有効活用できるでしょう。

まとめ

法定相続持分を売却する場合、法定相続人の共有名義で登記してから売却するか、相続を終える前に売却しましょう。

基本的には、共有名義で登記してから売却する方法が、もっともトラブルが起こりにくいです。

ただし、遺産分割協議などの手続きが面倒な場合や、他の相続人とすでにトラブルになっている場合は、相続前に売却しましょう。

法定相続持分を第三者へ売却するときは、共有持分専門の買取業者へ依頼するのがおすすめです。

当社クランピーリアルエステートであれば、提携している弁護士と協力して法定相続持分の買取から相続トラブルの解決まで一貫したアドバイスが可能です。

あなたの状況にもっとも適した相続を一緒に考えていきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

法定相続持分に関するよくある質問

法定相続持分とは何ですか?

法定相続持分とは、不動産を複数人で相続する際に各相続人が最低限もらえる取り分のことで、民法第900条で定められていす。

不動産を相続する場合、必ず法定相続持分どおりに相続できますか?

相続において、必ず法定相続分どおりに遺産分割されるとは限らず「遺言」や「遺産分割協議」の内容の方が優先されます。

どうすれば相続不動産の法定相続持分を売却できますか?

法定相続人の共有名義で登記するか、相続を終える前であれば、相続不動産の法定相続持分を売却できます。

相続不動産の法定相続持分を売却する場合、メリットなどはありますか?

遺産分割をスムーズに終えられる上、不動産が共有名義になることを避けられるといったメリットがあります。一方で、相続人の間でトラブルになる恐れがあり、買主が見つかりにくく価格相場も低くなりやすいというデメリットもあります。法定相続持分を高く売りたい場合、共有持分専門の買取業者へ依頼するのがおすすめです。
共有持分専門の買取業者はコチラ

どのような場合、相続不動産の法定相続持分を売却すべきですか?

遺産分割で他の相続人と揉めていたり、相続不動産の価値が低い場合、相続手続きや相続後の不動産管理が面倒な場合は相続不動産の法定相続持分を売却するとよいでしょう。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。