戦前から貸している土地の賃借契約が曖昧?売却の注意点や手順を解説

戦前

相続で戦前からの底地を取得したものの「土地が遠方で管理しきれない」「地代が安く、税金と管理費用を考えると赤字に近い」「今後、自分が亡くなって相続発生時にトラブルの種を残したくない」などの理由で、売却しようと考えている人も少なくありません。

戦前からの底地は当時の地主が住居に困った借主に善意で貸したものかもしれません。そのため、正式な土地賃貸借契約書は交わしていないことも考えられます。

その場合、当時の関連書類を探して契約内容を整理したり、改めて借地契約の内容を明確にして結び直したりするなどの対応が必要です。一般的な底地の売却とは異なる手順を踏むことになります。

この記事では戦前から貸している古い土地を売却するときの注意点と具体的な売却方法を詳しく解説していきます。

また、契約書がなく、内容があいまいになっている底地を売却するときの手順なども説明します。

戦前からの底地を売却するときの3つの注意点

戦前

底地の売却は、地主本人の意思で自由に手続きを進められます。仮に底地の上に建物を建てて住んでいる借地人がいても、借地人の承諾は不要です。

しかし、戦前からの底地を売却するときには3つほど注意点があります。

  • 戦前に結んだ借地契約は旧法借地権のまま
  • 地代は現在の相場に合わせなければ売却価格は安くなる
  • 土地の境界があいまいになっていることが多い

これら3つの対処が不十分の場合、買主が見つかりにくかったり、見つかっても売却価格がかなり低くなってしまうこともあります。

戦前に結んだ借地契約は旧法借地権のまま

借地権の歴史は古く1921年(大正10年)に「借地法」が制定された時代までさかのぼります。

その後、繰り返し法改正がおこなわれ、1992年(平成4年)に借地法、借家法、建物保護に関する法律を1つにまとめた「借地借家法」が施行されました。

実際に施行された1992年8月1日を境に、それより前に設定された借地権を旧法借地権、借地借家法の施行日以降に設定された借地権を新法借地権として区別しています。

旧法借地権と新法借地権の大きな違いは、借地権者の権利の強さです。旧法借地権の方が借地権者の権利は強く、たとえ借地契約の期間が満了になったとしても、建物がある限り更新されます。

地主が更新を拒絶しようと思えば「正当事由」が必要です。しかし、その正当事由が認められる基準は厳しいです。

たとえば「地主が他に土地を所有しておらず、現在の底地を利用して自身の住居を建てなければならない」とその土地を利用しなければ生活に困るほどの状況が求められます。

そのため、当時の借地権は「一度貸したら二度と返ってこない」といわれていました。さらに、旧法借地権は借地借家法が施行されたあとに更新していても、適用される法律は旧法借地権のままです。

もし契約更新時に、新たに借地借家法に基づく新法借地権で契約を結び直していないのであれば、今も借地人の借地権は旧法借地権となります。

このような底地を売りに出しても新しく地主となる買主のメリットは小さいです。今までの借地契約を引き継ぐのではなく、新法借地権に基づく借地契約を結び直す手間が生まれます。

そのため、旧法借地権のままでは売却価格が低くなってしまうでしょう。

関連記事
底地 相続
不動産の中には、底地や借地権といった権利関係が少し複雑になる不動産があります。 もしも、底地や借地権を相続することになった場合、親族や権利所有者などとトラブルにならないように対処する必要があります。 今回は、底地の相続における注意点や相続した際に必要となる手続き、相続税評価額などについて詳しく解説します。 底地相続後の…

②地代は現在の相場に合わせなければ売却価格は安くなる

戦前に契約を結んだときと変わらない地代のままケースもあります。当時は相場だった金額でも、貨幣の価値が変わることで今では相場に比べて安くなってしまった可能性があります。

地代相場は固定資産税と都市計画税を合わせた金額の3倍~5倍が一般的といわれています。地代と税額がほとんど変わらない状態であれば、安いといえるでしょう。

底地を第三者が購入する目的は、主に地代収入でしょう。そのため、地代が低ければ、新しい買主が地代の値上げ交渉をすることになります。地代の値上げは以下のような時に認められています。

・固定資産税など、土地の租税公課が増加したとき
・地価の上昇、その他経済事情の変動があったとき
・周辺の類似条件の土地の地代と比較して不相当となったとき

そうはいっても、地代の値上げ交渉には手間がかかりますし、値上げの正当性を証明するための情報収集も手間がかかります。

そのため、できるだけ高値で底地を売却するためにも、地代は相場近くまで上げておくとよいです。

ただし、当事者同士で交渉しても話は平行線になる可能性が高く、トラブルになりやすいので、交渉の仲介として専門の不動産業者へ相談することが大切です。

関連記事
底地
底地を所有していて売却することになったとき、土地の権利関係をよく理解しておかないと、借地人とトラブルになってしまうおそれがあります。 土地の権利関係は複雑で、底地、借地といわれても、具体的にどのようなものなのかイマイチわからないという人も多いでしょう。 また、どのくらいの価格で底地が売れるのかという相場や評価基準も地主…

③土地の境界があいまいになっていることが多い

戦前からの底地は、土地の境界線があいまいになっている可能性が高いです。今ある測量図に記載された境界が誤っていたり、測量が正確でないと売却後に買主と隣人間でトラブルにつながります。

そのため、費用はかかりますが、土地家屋調査士に測量を依頼し、隣地所有者との境界を明確にした方がよいでしょう。費用相場は40万~50万円です。

戦前からの底地を売却する6つの方法

底地

それでは実際に、戦前からの底地を売却する6つの方法を紹介します。

  1. 借地人に売却する
  2. 借地権を買い取って、第三者に売却する
  3. 借地人と協力して、借地権と同時売却する
  4. 底地と借地権を等価交換し、所有権の土地を売却する
  5. 不動産投資家に売却する
  6. 買取業者に売却する

このうち、最も高値で売却できる方法が借地人に売却する方法で、最も手軽に売却できる方法が買取業者に売却する方法です。

①借地人に売却する

借地人が底地を購入することで、土地は完全所有権となります。

戦前の借地契約を確認する必要も、地代を今の相場に合わせる必要もありません。シンプルな底地の売買となるので、古くから貸している土地であっても特別な手間はかかりません。

また、土地と建物を売却するときや建物の老朽化に合わせて建替えをするときでも、自分で自由に進めることができます。

そのため、底地の売却価格も第三者に売却するより高くなります。相場は、更地価格の4割~5割です。また、通常であれば底地の購入に住宅ローンは利用できません。

しかし、借地人であれば住宅ローンを利用できる可能性があり、金融機関の審査が通れば現金がなくても購入できます。

したがって、戦前からの底地を売却したいと考えたときには、最初に借地人へ底地買取の意思を確認することをおすすめします。

関連記事
底地
底地は物件によって評価が異なり、価格も一律ではありません。価格の計算方法や算出基準も物件によって異なるので、底地価格がよくわからないという人もいるようです。 また、所有している底地の売却を考えている人で、どのような売却方法があるのか知りたいという人も少なくありません。 この記事では、底地の売却方法や買取業者を選ぶポイン…

②借地権を買い取って、第三者に売却する

次におすすめの売却方法は、借地権を買い取ったあと、所有権として売却する方法です。借地権を買い戻せば、土地は所有権に戻ります。

そのため、借地人に底地を売却するときと同様、借地契約の内容は関係ないため、取引をスムーズにおこなえます。借地権を買い取るときには、最初から借地人に売却の意思があれば交渉も簡単です。

しかし、たとえ提案したときには借地権の売却を考えていなかったとしても、売却価格によっては前向きに検討してくれる借地人も多いです。

借地権の買取価格の相場は、更地価格の50%~60%です。更地価格が3,000万円の土地であれば、1,500万~1,800万円になります。

買取には多くのお金が必要ですが、完全所有権となった土地を売却すれば十分に利益が出ます。もし資金が手元になかったとしても、融資を受けて借地権を買い取る価値はあるでしょう。

借地人との交渉や融資の詳しい条件などは専門家である不動産会社に相談してみてください。

関連記事
底地を売却して手放したいと考えている人が一番悩むのは、売却先のことだと思います。 「大手不動産会社を信頼して売却するのか専門買取業者の方がいいのか、それとも借地人などへ直接売却したほうがいいのか・・・」 売却先はさまざまで、どこに売却すれば最も高く売れるのか不動産に詳しい人でも見極めるのが難しいでしょう。 実際に底地専…

③借地人と協力して、借地権と同時売却する

ここまで紹介した2つの方法は、地主か借地人、どちらかが買い取ることで土地を所有権にするものでした。しかし、以下のような状況もあるでしょう。

・借地人も借地権を処分したい
・借地人に底地を買い取る資金がない
・地主に借地権を買い取る資金がない

このようなケースであれば、借地人と協力して借地権を同時売却する方法があります。同時売却であれば、底地と借地権の権利関係はそのままでも、1つの完全所有権の不動産と同じように市場価格で売り出すことができます。

どちらかが買い取る必要がないので、双方に現金の支払いもありません。

この方法で売却するときには、売却代金の配分割合がポイントです。基本的には、土地測量費や不動産会社への仲介手数料を除いた利益を、借地権割合に基づいて分配します。

一般的な住宅地であれば借地権割合は60%~70%なので、あなたの得られる代金は売却価格の30%~40%になります。

また、借地権と底地はそれぞれ単独で売却する場合、その売却価格は非常に低いです。そのことも考慮し、売却価格の50%ずつで交渉がまとまることもあります。

同時売却での代金の配分割合は交渉次第ですので、底地と借地権の取り扱い実績が豊富な不動産業者に交渉を依頼するとよいでしょう。

関連記事
底地借地同時売却
底地や借地権は売却が難しい不動産として知られています。 ひとつの土地に対して複数人の権利が存在するため、それぞれを単体で売却する場合には価値が下がり、買い手もみつからず一苦労ということも。 そこで、地主と借地人がお互いに協力し「同時売却」という方法で不動産を売却することがあります。 今回は底地や借地権の同時売却について…

④底地と借地権を等価交換し、所有権の土地にして売却する

底地が広すぎる場合、更地価格の10%~40%になるとはいえ、非常に高額になります。そして、広すぎる土地は取得しても使い勝手が悪く、買主が見つかりにくいです。

そのため、借地権と底地を等価交換して土地の面積を小さくし、権利は所有権にして売却する方法がよいでしょう。

等価交換というのは、文字通り、底地と借地権をそれぞれ価値が等しくなるように交換します。面積ではなく、価値というのがポイントです。

したがって、底地割合に基づいて土地を交換することが一般的です。

しかし、底地割合は30%~~40%が多いので、等価交換する場合、所有権となる土地の面積も元の土地の半分未満になることもあります。広すぎる底地の売却は難しいですが、狭すぎる土地の売却はそれより大変です。

また、等価交換しやすい形状の土地か、建物の取り壊しは必要かなど確認する項目も多くあります。実際に等価交換が可能な条件が揃っているか、事前に確認するようにしてください。

関連記事
底地借地権等価交換
底地は権利関係が複雑な不動産です。また、完全所有権の土地と比べて不動産価値も低く売却が難しいと言われています。 さまざまな問題を抱える底地ですが、「等価交換」という手法で地主と借地人の権利関係を解消し、不動産価値を上げることができます。 今回は等価交換とは具体的にどのような手法なのか、等価交換の概要やメリット・デメリッ…

⑤不動産投資家に売却する

・借地人に底地を売却できない
・借地人が借地権を売却する意思がない
・底地と借地の等価交換も難しい

このような場合、底地を単独で売却することになります。ただし、底地単独の場合、すでに借地人がいるのでその土地を購入しても買主は自由に利用できません。

そのため、通常の住居を建てる目的で購入する個人ではなく、地代収入を目的とした不動産投資家が買主候補です。

底地の利回りはアパート・マンションの賃貸経営と比べると低いですが、空室リスクも倒壊リスクもなく、安定性があります。

また、将来的には借地人から借地権を買い戻し、完全所有権の土地として売却益を得られる可能性もあります。

ただし、売却価格は更地価格の10%程度になることが多いです。さらに戦前からの底地で借地契約の内容があいまいであったり、地代が安すぎたりする場合には、買主の購入後の手間が大きいので、さらに値段は低くなるので注意してください。

関連記事
底地投資
通常の土地と比べて需要が少ない底地は、投資家から投資物件として注目されています。 底地は地主が得る地代収益などで利益をあげることができる収益物件なので、投資家がビジネスの一環として運用することも珍しくありません。 これから底地ビジネスにチャレンジしてみたいと考えている人もいると思いますが、底地に投資する前にメリットとデ…

⑥買取業者に売却する

・底地の購入希望者が全く見つからない
・できるだけ早く底地を売却したい

このようなときには、買取業者への売却を検討するとよいかもしれません。買取業者であれば資金は十分にあり、底地のノウハウもあって有効活用ができるので、一般の方が購入しない底地でも買取をおこなっているところがあります。

また、買取業者は査定から売買契約完了、代金決済までの期間が短いです。早ければ2週間、遅くとも1カ月ほどで現金化できるでしょう。

デメリットは売却価格が不動産投資家へ売却するよりも低いことです。また、底地の買取査定は、査定結果に納得できなければ断ることもできます。

本サイト「イエコン」を運営する株式会社クランピーリアルエステートでも買取を行っております。弊社の「不動産スピード買取窓口」に依頼をしていただければ、最短48時間以内という早さで現金化が可能です。

さらに、税理士や弁護士を中心とした士業とのネットワークを活かし、特殊な物件でも柔軟に買い取ることができるので、どうぞお気軽にご相談ください。

契約内容が曖昧・不明になっている場合の売却手順

契約更新

底地を第三者に売却するときには、土地の権利関係や、増改築禁止特約、地代を値上げしない特約などがあるかといった詳細な契約内容を把握しておく必要があります。

原則、新しい地主が現在の契約内容を引き継ぐからです。

しかし、戦前から貸している古い土地であれば、当時の契約書が見つからなかったり、そもそも契約書を作成していなかったりすることもあるでしょう。

そこで契約内容が曖昧・不明になっている場合の売却手順について解説します。

①契約書を探す

まずは、丁寧に契約書を探します。底地を相続したときに、関連する書類をまとめて家の奥の方に保管している可能性もあります。

相続人が複数いた場合は、他の親族にも聞いてみましょう。

それでも見つからない場合は、借地人に確認します。当時、契約書を交わしていれば地主と借地人がそれぞれ1通ずつ持っているはずです。

そのため、契約書が見つからなくても、借地人の側で見つかる可能性があります。

②借地契約を明確にして結び直す

どれだけ契約書を探しても見つからなかったときには、現状を基礎として新たに土地賃貸借契約書を作成しましょう。

このとき、新法借地権で結び直した方が地主の権利が強くなるのでおすすめです。まずは不動産会社に契約書の素案を準備してもらい、その後、お互いに内容を確認して、確定させるとよいでしょう。

③底地の買主を探す

借地契約の内容が明確になれば、底地の購入希望者を探します。以降は、通常の底地売却と同じ流れです。

まとめ

戦前からの底地は契約内容が曖昧だったり、契約書が見つからなかったりすることが多いです。

借地人に売却したり、借地権を買い戻したりする場合には取引後、どちらかの単独所有となるのでそれでも問題ないですが、地主の立場を引き継ぐ第三者へ売却するときには問題になります。

売却後のトラブルを避けるためにも、改めて土地賃貸借契約書を作成しましょう。

また、地代が戦前に貸したときとほとんど変わっていない場合、相場から大きく下回っている可能性が高いです。

そのような状態では、利回りが低く、相場並みに地代を値上げする権利はあるといっても、買い手に交渉の負担をかけます。

そのため、売却活動を始める前に、地代が相場程度まで上げられていると、その地代利回りに見合った価格で売却できます。

底地の売却先も借地人、不動産投資家、買取業者と様々です。が借地権を買い取る方法もあります。

自分の状況に合った売却方法で進めるためにも、底地・借地権の取り扱い実績が豊富な不動産会社に相談することが大切です。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。

底地の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191