借地権の家をリフォーム・増改築するときの注意点、承諾料や住宅ローンを解説

増改築

家も築年数が古くなれば、様々なところで傷みが生じます。

それでも、通常の住宅であれば、自分の思う通りにリフォームしたり、増改築したりして、修繕できます。しかし、土地が借地権の場合は注意が必要です。

この記事をご覧のあなたも、「借地権の家をリフォーム・増改築するときはどういうことに気をつければいいのだろうか」と疑問に感じているのではないでしょうか。

実際、借地契約の内容、修繕の内容によっては地主の承諾が必要になります。

この記事では、借地権におけるリフォームと増改築の違いから、増改築時に支払う承諾料や住宅ローン審査について詳しく解説します。

これを読めば、借地権の家をリフォーム・増改築したいと思ったときに、誤った判断をしなくてすむようになるでしょう。

借地権におけるリフォームと増改築の違いは?

リフォーム・増改築
多くの方が、ほとんど同じ意味合いでリフォームと増改築という単語を使っています。

そして、それぞれの言葉の意味を正確に理解していなかったとしても、日常生活では特に支障はありません。

ですが、借地権においては、このリフォームと増改築の違いを正しく理解しておくことが重要です。

リフォームであれば地主の承諾も不要で、工事を進めることができるからです。それぞれの意味を解説します。

リフォームは家を「元の状態に戻す」小規模な工事のこと

リフォームは、古くなった建物を実用上、支障のない基準にまで回復させたり、新築のときのような状態にまで戻したりするために行う工事のことです。

たとえば、雨漏りの修理や、壁紙の張り替え、キッチンやバスルームを新しいものに取り替えるなどがリフォームにあたります。

既存の住居・設備を補修や修繕、交換するといった内容になるので、小規模な工事になります。そのため、この意味での「リフォーム」であれば、役所への建築確認申請も必要なく、地主の承諾も必要ありません

次に解説する「増改築」ではないので、借地契約に増改築禁止特約があったとしても、地主の承諾は不要なので安心してください。

増改築は家が「元の状態から大きく変わる」大規模な工事のこと

増改築は、建物の面積や形を大きく変えるために行う工事のことです。

そして、増築や改築は公的な資料でも明確に定義が定められています。

まず増築は、既存の建物に建物部分を追加して床面積を増やす建て増しや、同じ借地内に新しく建物を建築することです。

すでにある借地上の建物とは離した敷地内に別の建物を建てる場合、建築物単位であれば「新築」ですが、敷地単位では「増築」となるので、増築に含まれます。

たとえば、平屋建てから2階建てにしたり、庭として利用していた敷地まで建物の雨紛を拡大したりするような工事です。

改築は既存の建物の全部または一部を取り壊して、新しく建物を建てることです。

「建て替え」とも言われます。

たとえば、床面積はそのままに柱を撤去するなどして間取りを変えたり、老朽化した建物を取り壊したりして、そのまま新しく家を建て直すような工事です。

そして、工事の内容が増改築の場合、地主の承諾が必要になる可能性があります。

地主に断りなく増改築工事を行うと、契約を解除されてしまうこともあるので注意してください。

借地権の家をリフォームや増改築するときの注意点

リフォーム・増改築
借地権におけるリフォームと増改築の違いについて解説しました。続いて、リフォームや増改築工事を進めるときの注意点についてお伝えします。

契約に増改築禁止特約がないか確認する

リフォームや増改築を進める前には必ず、借地権を取得したときの土地賃貸借契約書を確認します。

このとき、契約内容に「増改築を行うときには地主の承諾を得ること」のような増改築禁止特約があれば、地主の承諾が必要です。

借地借家法では、借地権者に一方的に不利な特約は無効とする強行規定があります。

増改築禁止特約も、借地上とはいえ、所有権のある建物を自由に変更できないというのは、一方的に不利な規定と感じるかもしれません。

しかし、実際には裁判所も増改築禁止特約は有効であると認めています

そのため、増改築禁止特約が契約書に設けられているのに、地主の承諾なく無断で工事を行うと契約違反となり、借地契約の解除にまで発展する可能性があります。

基本的に、建築確認申請が必要になる工事は地主の承諾が必要になると思ってください。

ただし、建築基準法では、防火地域・準防火地域以外の地域での床面積10平方メートル以下の増改築に限り、建築確認申請は不要とされています。だからといって、地主への承諾も不要になるわけではないので気をつけてください。

増改築禁止特約のあるなしにかかわらず、工事の前には一度、地主へ相談した方が安心でしょう。

リフォーム・増改築の詳細な計画を伝える

増改築禁止特約があっても、先ほど解説した「リフォーム」にあたる小規模な工事までは禁止できないとされています。

地主から工事の中止を求められたとしても、裁判で無効となる可能性が高いです。

ただし、小規模な「リフォーム」なのか、大規模な「増改築」なのか、その境界線は明確に決まっているわけではありません。

あなたは、
「この程度の工事ならリフォームの範囲内で承諾もいらないはず」 と考えていても、地主は
「この規模の工事をするなら承諾が必要だ」 と考えて、トラブルになるかもしれません。

そのため、無用なトラブルを避けるために、リフォームする場合でも詳細な工事内容と計画を地主へ伝えるようにしてください。

そうすれば、「その内容なら承諾は不要なので、工事を進めて大丈夫です」と許可を得られて、安心してリフォームできるからです。

また、リフォーム会社や建設業者、工務店などと工事内容を話し合ううちに、当初の計画から変更が生まれることもよくあります。

1箇所だけのリフォームのはずがいろいろな場所が気になりだして、まとめて済ませようとされる方も多いです。そのときには、地主に変更内容も忘れずに伝えるようにしましょう。

「そんな工事内容は聞いてない」とトラブルになる可能性もあります。

これは増改築の場合も同様です。

地主が許可・承諾を与えたのは、そのときに説明を受けた工事内容に対してです。

そこから変更があれば、再度地主に伝えて許可・承諾を得るようにしてください。

増改築禁止特約がなくても、借地契約更新後は地主の承諾が必要

増改築禁止特約がない場合、借地人は自由に増改築ができます

しかし、自由にできるのは借地契約の最初の契約期間の場合です。

借地契約を更新したあとの期間は、増改築禁止特約が契約書に盛り込まれていなかったとしても、増改築するときには地主の承諾が必要になるので気をつけてください。

ただ、新法借地権での最初の存続期間は最低30年と定められているので、2019年6月時点では、更新をむかえた借地権はまだありません。

そのため、今は更新があったかどうかを気にする必要はありませんが、将来的に増改築をしようと思ったときには大切になるので覚えておきましょう。

なお、平成4年7月31日以前に取得した旧法借地権であれば、借地契約の更新後の期間内でも、増改築禁止特約がなければ自由に増改築できるので、増改築禁止特約の有無のみを確認すれば大丈夫です。

関連記事
借地権の基礎知識
これから購入を検討している不動産が借地権付き建物だった。 相続した不動産が借地権だった。 今まで借地権とは縁がなかったのに、急遽、借地権について知る必要が出てきた。 この記事をご覧のあなたも、「借地権が所有権と違うのはなんとなくわかるけど、具体的にどう違うんだろう」といった疑問を持っているのではないでしょうか。 また借…

増改築で地主の承諾を得られないときには裁判所の代諾許可が必要

地主から増改築の承諾を得られなかったとしても、諦める必要はありません。

借地人に対して、地主の承諾に代わる許可を裁判所が与えることができるという仕組みがあるからです。

この許可を裁判所の代諾許可といいます。

裁判所は、代諾許可の申し立てを受けると、増改築の内容が借地契約の趣旨に違反していないか、借地権の残存期間はどのくらいあるか、地代の滞納はないか、複数の事情を総合的に考えて判断します。

これで裁判所から代諾許可を得られれば、増改築工事を進めることができます。

ただ、裁判所の代諾許可はあくまでも最終手段です。

増改築後も地主との関係性は続くので、裁判所に申し立てを行うと、今後の関係性が悪化することも考えられます。

そうなれば、将来的に第三者へ譲渡するときにも許可を得られなかったり、法外な承諾料を求められたり、トラブルになる可能性が高いです。

そのため、地主に直接交渉しても承諾が得られなかったときには、専門家である不動産会社などに交渉の仲介を依頼し、話し合いで承諾を得られるようにすることをおすすめします。


関連記事
更新拒否
賃貸物件の貸主には、入居者との賃貸借契約の更新を拒否したい事情が発生することがあります。 賃貸借契約のパターンによって、契約更新の拒否が容易か難しいかが変わってきます。 この記事では、2つの契約パターンの概要とそれぞれの契約更新拒否について解説していきたいと思います。 「定期借家契約」の場合、契約更新は無い 契約更新を…

借地の増改築における「増改築承諾料」について

地主から増改築の承諾を得るときには、増改築承諾料を支払うことが一般的です。

そして、地主から承諾を得られず、裁判所へ地主に代わる許可を申し立てたときにも、財産上の給付という、増改築承諾料にあたる金額を支払います

このときの金額は基本的に更地価格の3~5%ということもあり、増改築承諾料の相場もそのようになっています。ただし、あくまでも承諾料は地主と借地人との話し合いで決まった金額です。

金額に折り合いがつかないときは、裁判所に申し立てをし、金額も含めて増改築の許可を判断してもらいます。

承諾料は増改築を行う度に支払う

借地や建物の状態によっては、借地権の存続期間内に複数回、増改築をすることになるかもしれません。この場合、増改築を行う度に承諾料を支払う必要があります。

増改築の承諾と承諾料は、その1つの工事のみが対象です。

過去に承諾料を支払ったか、その金額はどのくらいだったか、更新料の支払いがあったかといったその他の事情は考慮されません。

以前、承諾をもらって承諾料も支払ったから、今後は必要ないと考える方もいらっしゃいますが、工事の都度必要ということを忘れないようにしてください。

また、増改築の中でも規模が小さな工事であれば、承諾料も相場以下、更地価格の1%前後となることも多いです。

工事の規模の割に承諾料が高いと感じたときには、地主と交渉したり、専門の不動産会社に金額の妥当性を相談してみたりするとよいでしょう。

関連記事
借地権建て替え
借地権は地主から土地を借りている状態です。 そのため、「借地上の建物が老朽化してきた」、「キッチンや水回りなどの設備を一新したい」、「子どもが独立してライフスタイルが変わった」などにの理由で建て替えをしようと思っても、何か制限されるのだろうかと不安に感じているのではないでしょうか。 借地権の建て替えでは、原則、地主の承…

借地のリフォームや増改築は住宅ローン審査が厳しい

ローン審査
通常の建物であっても、リフォームや増改築を行うときには資金計画も重要です。

それが、借地上の建物の場合は、特に念入りに計画する必要があります。

借地権の場合、住宅ローン審査が厳しいからです。

地主から増改築の承諾を得られたのに、住宅ローン審査に通らなかったり、予定していた金額の融資を得られなかったりすると、スムーズに工事を進められません。

あらかじめ、余裕を持った資金計画を組むようにしてください。

借地権で住宅ローン審査が厳しい理由は次のとおりです。

(1)所有権の土地に比べて借地権の担保価値が低いから
(2)借地上の建物に抵当権設定をする際に、地主の承諾が求められるから

所有権の土地に比べて借地権の担保価値が低いから

住宅ローンを借りるときには、その融資されたお金の使いみちとなる不動産を担保にいれます

もし借主が住宅ローンの返済ができなくなったときに、銀行は担保となっている不動産を競売にかけて残債の返済にあてるためです。

このときに期待できる落札価額が担保価値となります。そして、借地上の建物の場合、所有権の土地上の建物に比べて担保価値は低いです。

借地権の評価額が更地価格の60~70%ということも一つです。

さらに、借地権付き建物は増改築だけでなく、売却するときや家族に贈与して、父から子へ名義変更するときなどにも地主の承諾が必要だったり、借地権の契約期間に期限が定められていたりと制限が多いので、競売でも非常に低い価格で落札されます。

つまり、競売にかけても回収できる見込みが薄いため、担保価値は低く、審査も厳しくなるということです。

関連記事
借地権 住宅ローン審査
マイホームを購入するとき、土地が借地権であれば土地代は不要なので通常の不動産に比べて価格は低くなります。 それでも、購入価格は数千万円になるので現金一括は難しいでしょう。 この記事をご覧のあなたも「土地が借地権でも住宅ローンを借りられるだろうか」と不安に感じているのではないでしょうか。 実際のところ借地権の場合、住宅ロ…

抵当権設定に地主の承諾が求められるから

通常、住宅ローンを組むときには、土地と建物を一緒に担保に入れます

しかし、借地権の場合、土地所有者は地主なので、土地そのものを担保に入れることはまずありません

建物のみに抵当権を設定することになります。

借地上の建物の所有権は借地権者になるので、抵当権の設定も自由にできます。

建物に抵当権を設定することで、その敷地である借地権にも効力は及ぶとされているので、それでも問題ありません。

ただ、金融機関が抵当権を実行する前に借地契約を解除されると、その建物は何の権利もない状態で建っていることになります。

そうなれば、建物の競落人が地主に土地の明け渡しを求められると従う必要があります。

それでは誰も競り落とすことはなく、銀行も債務を回収できません。

そのような事態を避けるため、本来自由な建物への抵当権設定も地主の承諾書を住宅ローン審査では求めます

これを抵当権設定の承諾、ローン承諾とも呼びますが、認める・認めないは地主次第です。

自分の土地まで抵当権が実行される可能性があるなんて嫌だと承諾を拒否する地主も少なくありません。

そして、増改築承諾とは異なり、裁判所に申し立てしても、代諾許可がもらえる可能性は低いです。

地主の承諾がなければ住宅ローンは組めず、現金一括か担保不要のノンバンクなどで融資を受ける必要が出てきます。

関連記事
借地権 抵当権
借地を借りて自宅にしようと思っていると、すでに土地に抵当権が設定されていることもあります。 この記事をご覧のあなたも、「借りたい土地に抵当権が設定されている」という話を聞いて、借りても問題ないだろうか、と不安に思ったのではないでしょうか。 結論を先にお伝えすると、そのような土地の借地権を取得することは大変危険です。 抵…

【要注意】借地が再建築不可物件の場合は建て替えできない

最後に、借地で増改築を含め、建て替えするときには、再建築不可でないか確認することが大切です。

建築基準法では、原則幅員4m以上の「道路」に、その敷地の間口が2m以上接していなければならないと定められています。

この接道義務を満たしていなかった場合、建築基準法違反となり、建て替えができません。

建替え時に必要な建築確認申請が通らないので、工事を進められないからです。

借地が再建築不可だった場合のおすすめの対処法は工事期間中、隣地を借りて接道義務を満たした状態にすることです。

隣地所有者と工事期間中に限る土地賃貸借契約書を作成し、建築確認申請のときにあわせて提出することで、許可がもらえる可能性が上がります。

セットバックや隣地買取のように、借地に影響があるものではないので、地主の承諾なく、隣地所有者との合意のみで進めることができることがメリットです。

借地の家の再築で、隣地所有者の土地を借りられないときには、他に方法がないか、不動産会社に相談してみてください

関連記事
再建築不可物件
「子供が大きくなり自宅が狭く感じるようになった」「将来は実家の両親と一緒に住める二世帯住宅にしたい」など、自身や家族のライフスタイルの変化に合わせて住まいの増築を考える方も多いのではないのでしょうか。 上記のような理由で増築をお考えであれば、お近くの不動産業者に依頼するのが一般的です。 しかし、もし現在お住まいの住宅が…

まとめ

以上、借地権におけるリフォームと増改築の違い、借地権の家をリフォーム・増改築するときの注意点と承諾料、住宅ローン審査について解説してきました。

まとめ
・リフォームは「元に戻す」工事、増改築は「元の状態から大きく変わる」工事
・契約に増改築禁止特約にあたる内容がないか確認する
・リフォームであっても、事前に地主へ工事内容を伝えておく方がトラブルを避けられる
・増改築承諾料の相場は更地価格の3~5%
・住宅ローンを組むときには地主の承諾書が必要になる場合が多い

借地権の家をリフォーム・増改築するときには、地主の承諾の有無でトラブルになることも多いです。事前に契約内容を確認し、増改築禁止特約がある場合には、あなたが「リフォーム」と思う工事内容であっても地主に連絡し、許可を得てから進めることをおすすめします。

そして、リフォームと増改築の判断基準、増改築の承諾、抵当権設定の承諾で難しいところがあれば、専門の不動産会社へ相談するようにしてください。

最終更新日:

底地・借地の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191