【一人っ子の遺産相続】相続時の流れと注意点を分かりやすく解説

一人っ子 遺産相続

親が亡くなったとき、子供は遺産を相続できます。

しかし、相続する機会は多くないため、不安に思うこともあるでしょう。

とくに、一人っ子の場合は

「本当に全部の遺産を相続していいの?」

「相続時には何を注意すべき?」

などといった疑問を持つと思います。

この記事では「相続することになった一人っ子」のために、不動産専門家の観点から、あなたの疑問やお悩みを解決します。

具体的には

・一人っ子が相続時に確認すべきこと
・相続税の制度
・相続人がいないと財産はどうなるか
など

一人っ子の相続における重要なポイントだけを解説していきます。

この記事を読めば、一人っ子の遺産相続のポイントを簡単に把握でき、相続手続きを簡単に終えられるでしょう。

一人っ子が遺産相続するときに知っておきたいこと

兄弟姉妹のいない、一人っ子が遺産を相続した場合に知っておきたいポイントは以下の2つです。

  • 本当に一人っ子かどうかを確認する
  • 相続は一次相続と二次相続がある

本当に一人っ子かどうかを確認する

一人っ子が遺産相続をする場合、まずは本当に一人っ子かどうかを確認することが重要です。

わざわざ確認しなくても、他に兄弟姉妹がいないのだから相続人一人で間違いないと思われるかもしれません。

しかし、被相続人(財産を残して亡くなった方)が男性の場合、家庭の外で生まれた婚外子がいる可能性もあります。

婚外子が認知されている場合、その存在を知らなかったとしても、もう一人の相続人になります。

次に、被相続人が女性の場合、現在の配偶者と婚姻する以前に子どもを授かっていた場合は、その子どもも相続人に該当します。

また、被相続人が実子に知らせずに養子縁組をして養子をとっていたというケースもあります。

養子縁組の手続きがきちんと済んでいる場合は、養子も実子と同様に相続権が認められるため、相続人の一人になります。

関連記事
兄弟相続
身内が亡くなり、悲しんでいる間もなく葬儀や納骨。その後も次々と書類の手続きが必要となり、落ち着いたときにふと「そういえば、相続どうしよう?」と悩んでしまう……。 相続が発生したときに準備が整っている方は少ないですから、どなたでもこのような状況になってしまいます。 相続財産が現金しかなければ、話し合いさえ整えば兄弟の間で…

一人っ子かどうか戸籍で確認できる

一人っ子かどうかを確認するには、被相続人の戸籍をたどる必要があります。

被相続人の出生時から死亡時までの全ての戸籍をたどっていけば、兄弟姉妹や養子の有無を確認できます。

戸籍をたどる順番は、死亡時から始まって出生時まで遡ります。

最初に、「被相続人の死亡」がある、最後の戸籍謄本を入手します。被相続人が以前の戸籍謄本から転籍している場合は、それを手がかりにして1つ前の戸籍謄本を取得します。

このように、死亡時から出生時まで順番に被相続人の戸籍謄本を遡っていけば、実子や養子の有無を確認できます。

関連記事
相続土地売却
「先祖代々の土地を、兄弟で相続することになった。トラブルを避けるにはどう分け合えばいい?」「近い将来に土地がからむ相続が発生する見込み・・・。今からやっておくべき相続対策は?」「土地をめぐる相続トラブルの事例にはどんなものが多い?」 兄弟で土地を相続する場合、遺産分割の方法を間違えると深刻な感情の対立に発展してしまうこ…

相続は一次相続と二次相続がある

相続の種類として、一次相続と二次相続があります。

一次相続・・・両親のうちどちらかが亡くなって、その配偶者と子どもが遺産を相続するものです。

二次相続・・・一次相続が終わった後に配偶者が亡くなり、その子どもが遺産を相続するものです。

例えば、一人っ子の場合、両親のうち父親が亡くなってその遺産を母親と一人っ子が相続するのが一次相続です。

その後に、母親が亡くなって遺産を一人っ子が単独で相続するのが二次相続です。

民法に定められている相続のルールである法定相続の配分方法によれば、一次相続では母親と一人っ子がそれぞれ相続財産の1/2を相続します。

例えば、被相続人の父親が亡くなって相続財産の合計が6000万円の場合、法定相続分で遺産を分配する場合、母親と一人っ子がそれぞれ3000万円ずつ相続することになります。

なお、法定相続分は強制ではないので、被相続人は遺言によって異なる配分方法を定められます。

関連記事
土地相続
父や母などの親が亡くなると、相続が開始されます。相続が開始されると、親の財産を引き継ぐことになりますが、使わない土地を相続すると、その土地を売却しようと思うことが多いのではないでしょうか。 しかし、兄弟で土地を相続した場合、売却について意見が分かれることもあります。 この記事では、相続した土地の売却について、兄弟で意見…

一人っ子が遺産を相続する際の注意点

相続時には「相続税」が必ず課せられます。

親や兄弟姉妹などの他の相続人がいない中で、一人っ子だけが遺産を相続した場合の相続税の注意点をご紹介します。

一人っ子の場合は相続税が高くなる

一人っ子が唯一の相続人として遺産を相続するケースだと、相続税は高くなってしまいます。

相続人が1人だけの場合、特別な遺言などがなければ遺産の全てを一人で相続するため、得られる利益も大きくなります。

また、相続人の間で遺産をどのように分割するか協議する必要もありません。

ですが、1人で相続すると財産が多くなる分、支払わなければならない税額も多くなります。

とくに相続税については、基礎控除の関係から一人っ子の相続では注意が必要です。

次の項目から「一人っ子の相続税が高くなる」理由を解説していきます。

一人っ子の相続税は「基礎控除」が受けられないため高くなる

相続税とは、遺産を相続ときに、遺産の価格に応じて発生する税金のことです。

相続税には基礎控除があり、相続財産の価格が基礎控除の金額内であれば相続税は課税されません。相続税の課税価格の計算式は以下の通りです。

相続税の基礎控除額=3000万円 +(600万円 × 法定相続人の人数)
例えば、父親が亡くなって母と子の2人が2500万円の資産を相続する場合、法定相続人の数は2人なので、相続税の基礎控除額は3000万円 +(600万円 × 2) = 4200万円です。

資産の金額が基礎控除の範囲内なので、相続税は課税されません。

計算式からわかるように、相続税の基礎控除は法定相続人の人数が多いほど金額が大きくなります。

逆をいえば、法定相続人が1人しかいない場合、基礎控除額が少なくなり、高額の相続税を支払う可能性が高くなるということです。

例えば、合計4000万円の資産を相続した場合、法定相続人の人数が2人であれば基礎控除額が4200万円になるため、相続税は課税されません。

一方、法定相続人が自分だけの一人っ子の場合は、基礎控除額が3600万円なので相続税の課税対象になります。

関連記事
再建築不可物件 税金
相続は一生のうちで何度も経験することではありません。そのため、相続があった場合にどのような手続きをすればいいのか、税金はどうなるのか、わからないという人も少なくないでしょう。 実は、相続税は相続開始時点の価値にしたがって計算をします。 預金などは金額がすぐわかりますが、土地や建物はその価値を評価する必要があります。また…

一人っ子が相続税対策をする方法

一人っ子の相続税を少なくするために、相続する前に被相続人の財産を生前に贈与する方法があります。

例えば、相続の対象になる財産が4000万円ある場合、法定相続人が一人だけの場合は基礎控除額を超えているので相続税の課税対象になります。

そこで、4000万円の財産のうち400万円を生前贈与しておけば、相続の際に残っている財産は3600万円になり、基礎控除の範囲内に収まるので相続税が課税されなくなります。

しかし、贈与をおこなうと「贈与税」という別の税金の課税対象になるため、単に贈与するだけではなく工夫が必要です。

贈与税の控除額を利用する

相続税に基礎控除があるように、贈与税にも基礎控除があります。

贈与税の基礎控除額は年間110万円なので、1年間に贈与した金額の合計が110万円以内であれば、贈与税は課税されません。

この仕組みを活用して毎年110万円を贈与していけば、贈与税がかからずに少しずつ相続の節税対策ができます。

教育資金の一括贈与の特例を利用する

教育資金の一括贈与の特例とは、30歳未満の子や孫が、父母や祖父母から教育資金として一括贈与を受けた場合に、最大1500万円の贈与税が非課税になる制度のことです。

注意点として、特例が適用されるには一括贈与を受けた子や孫が教育資金口座を開設する必要があります。

一括贈与される資金はその口座に振り込まれ、きちんと教育資金として支出したことを示す領収書を金融機関に提出する必要があります。

進学、塾、習い事などの教育資金に限定されますが、学費を支出する予定がある場合に活用できる制度です。

母親と仲が悪い場合は相続で揉める可能性も

一人っ子が遺産相続する場合、まず両親のうち父親が亡くなって母親と一人っ子が一次相続し、次に母親が亡くなって一人っ子が単独で二次相続するのが典型例です。

このとき、母親と一人っ子の関係が良好であれば問題ないのですが、母親との仲が悪い場合は二次相続を巡って争いになることがあります。

母親と一人っ子の仲が悪い場合、親しい人物や団体に財産のほとんどを与える旨の遺言書を作成するなどして、母親が一人っ子に財産を相続させないようにすることがあります。

一方で、母親の子どもである一人っ子には、法定相続人として遺留分という権利が認められています。

遺留分・・・法定相続人に認められた「最低限の遺産を請求」できる権利のこと。

関連記事
遺産分割審判
相続が発生したとき、相続人全員が納得のいくように遺産分割をするために、遺産分割協議をおこないます。 しかし、遺産分割協議で相続人たちが同意できず、相続争いとなった場合は裁判所に「遺産分割審判」を届け出ることになります。 遺産分割審判と聞いて、 ・遺産分割審判ってなに? ・審判で、実際にどうやって遺産分割をおこなうの? …

遺留分によって相続財産の取り分を請求できる

遺留分とは相続財産について最低限の取り分を主張できる権利のことで、被相続人の配偶者、子ども(子どもが相続しない場合は孫)、父母や祖父母など直系尊属に認められています。

一人っ子は被相続人の母親の子どもにあたるので、遺留分の権利が認められます。

被相続人は遺言によって相続財産を誰に渡すかを自由に決められますが、遺言によっても遺留分を侵害することはできません。

そのため、遺留分を侵害するような遺言がなされて相続が行われたとしても、遺留分を請求すれば侵害された分のお金を取り戻すことができます。これを遺留分侵害額請求といいます。

母親が被相続人で一人っ子が法定相続人の場合、一人っ子の遺留分の割合は相続財産の1/2です。

例えば、相続財産の合計が6000万円で、母親が遺言によって親戚に全ての相続財産を譲った場合、一人っ子は親戚に請求して3000万円を取り戻すことができます。

注意点として、遺留分侵害額請求は侵害された相続財産の価格に相当する金銭のみを取り戻すことができます。

そのため、価格6000万円の不動産について遺留分を請求した場合、不動産の1/2を自身のものにできるのではなく、3000万円の金銭のみを請求できます。

遺留分を侵害された場合、一人っ子は遺留分侵害額請求によって遺留分を請求することはできますが、相続財産が実家やマンションなどの不動産の場合はそれ自体を取り戻すことはできません。

家族間での話し合いがまとまらない場合は、不動産問題、相続問題に詳しい弁護士に相談するとよいでしょう。

一人っ子に相続人がいない場合の財産はどうなる?

 
被相続人が財産を残して亡くなった場合、配偶者や子などの相続人がいれば、その方が相続の対象になります。

しかし、相続人のいない一人っ子が亡くなった場合は、財産がどうなるかを解説していきます。

相続人がいないと財産は国のものになる

残された財産を受け継ぐ相続人が誰もいない場合、財産は最終的に国のものになりますが、それまでにいくつかの手続きを経る必要があります。

民法には遺産を相続すべき人物として、法定相続人が規定されています。法定相続人に該当する人は、亡くなった被相続人の配偶者、子、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹(亡くなっている場合は甥と姪)です。

上記の法定相続人が誰もいない場合は、被相続人の遺産を受け継ぐ相続人が誰もいない状態になります。

また、法定相続人がいたとしても、その人物が相続放棄をして相続権を失った場合には、同じく法定相続人が誰もいないことになります。

相続財産管理人が選任される

法定相続人が誰もいない状態を、相続人不存在といいます。相続人不存在になった場合、家庭裁判所によって相続財産管理人が選任されます。

相続財産管理人とは、亡くなった人物の財産の適切な管理と処分をおこなう者で、通常は亡くなった被相続人の地域の弁護士から選ばれます。

被相続人が亡くなって財産がある場合、管理や処分する者がいなければ、残された遺産には誰も手をつけることができず放置されてしまいます。

遺産を誰も処分できないことで、被相続人が居住していた住居が荒れ放題になって近隣住民が迷惑する、生前に被相続人に金銭を貸し付けていた人が債権を回収できないなどの不都合が生じてきます。

そのような弊害を防止するために、財産の管理と処分を行うことができる相続財産管理人が選任されます。

相続財産管理人は、被相続人に金銭を貸した債権者などの利害関係人が裁判所に請求することで選任されます。

相続人の捜索が終わると国庫に帰属する

相続財産管理人が選任された場合は、家庭裁判所がそれを官報に公告し、名乗り出ていない相続人がいる場合は申し出るように要求します。

相続財産管理人が選任された旨を公告してから2カ月たっても相続人が見つからない場合、今度は「被相続人と利害関係のある人物がいれば申し出るように」との公告を2カ月以上の期間を定めて出します。

被相続人と利害関係のある人物とは、被相続人の債権者や被相続人から財産を受け取るはずだった受遺者などです。

債権者や受遺者から申し出があった場合、公告期間が終了したら精算手続きが実施されます。

2回の公告が終わっても相続人が見つからず、被相続人の財産が残っている場合は、相続財産管理人または検察官の請求によって「相続人を捜索している旨の公告」が6カ月以上の期間で行われます。

相続人捜索の公告期間が過ぎてもなお相続人が見つからなければ、相続人の不存在が確定し、被相続人が残した財産は国庫に帰属して最終的に国のものになります。

相続人がいない場合は財産を整理しておくとよい

財産を残す相続人がいない場合は、万が一の事態に備えて生前に財産を整理しておくとよいです。相続の対象となる財産には、積極財産と消極財産があります。

積極財産・・・それを相続した人にとってプラスの利益になる財産です。現金、預金、有価証券、土地、建物などがあります。

消極財産・・・相続した人にマイナスとなる財産で、まだ返済が終わっていない借金などが該当します。

財産を整理するためのコツは、まず自分が持っている積極財産と消極財産を一覧表などにして把握します。次に、預貯金などの積極財産をどうするか検討します。

借金などの消極財産は、できるかぎり返済して少なくしておきます。

財産の内訳を把握して行く末をきちんと決めておけば、財産の適切な処分が可能になり、思ってもみなかった相続人が現れた場合でもスムーズに相続させることができます。

相続人のいない一人っ子が誰かに遺産を相続させる方法

家族のいない一人っ子が亡くなった場合は法定相続人が存在しないため、そのままでは誰かに遺産を相続させられません。

そこで、内縁の妻や特別縁故者など、一人っ子と縁の深い人物がいる場合に遺産を相続させる方法をご紹介します。

内縁の妻に相続させる方法

内縁の妻とは、夫婦として実態のある共同生活を営んでいるものの、婚姻届を提出していない妻のことです。法的には未婚であり、事実婚や内縁関係と呼ばれます。

法律婚において妻として認められるためには、婚姻届を提出して受理される必要があるため、内縁の妻は法律婚における妻とは異なる立場にあります。

ですので、内縁の妻には相続権が認められないため、籍を入れなければ財産を相続できません。

内縁の妻に相続させる遺言書の作り方

内縁の妻に財産を残すためには、自分の財産を相続させる遺言を残しておく必要があります。遺言は遺言書にその旨を記載することでおこないます。

遺言の様式は法律で決められており、様式を満たさない場合は遺言の効力が認められないので注意しましょう。

遺言には複数の種類がありますが、そのうち自筆証書遺言は自分一人で作成することができ、費用もかかりません。

しかし、自筆証書遺言は決まった様式を守らなければ無効になってしまうので、慣れていなければ難しいところがあります。

確実な遺言を残したい場合、公正証書遺言を作成しましょう。

公証人に依頼して遺言書を作成してもらうため、費用はかかりますが「証拠としての証明力が非常に高い」「遺言としての効力が確実になる」などのメリットがあります。

特別縁故者に相続させる方法

生前に被相続人と特別な縁があった人を特別縁故者といいます。特別縁故者に該当する人は、法定相続人でなくても被相続人の遺産を受け取れる場合があります。

特別縁故者とは、被相続人と親しかった人やその生活に貢献した人で、法定相続人がいない場合に被相続人の財産の全部または一部を受け取れる可能性ある人です。

特別縁故者に該当する人の条件

特別縁故者に該当するためには、以下のいずれかの要件を満たす必要があります。

・被相続人と生計が同一であった人
・被相続人の療養看護に努めていた人
・上記の2つに準じて、被相続人と特別の縁があった人

被相続人と生計が同一であった人とは、内縁の妻など籍は入れてないものの、事実上、夫婦として生活していた人などです。

その他、養子縁組はしていないものの事実上、養親子として生活していた場合も生計が同一といえます。

また、被相続人の療養看護に努めていた人とは、療養や看護について被相続人に尽くした人のことです。

とくに身分は問わず、親族だけでなく職場の同僚や民生委員なども認められる場合があります。

しかし、療養や看護をしていたとしても業務として報酬を得ていた場合は除くため、医師、看護師、介護士、家政婦などは原則として該当しません。

被相続人と特別の縁があった人とは、被相続人から何らかの財産を譲り受ける約束をしていた人や師弟のような親密な関係にあった人です。

また、被相続人が深く関わっていた学校や団体などの法人も特別縁故者に認められることがあります。

特別縁故者になるには「家庭裁判所」への申し立てが必要

条件を満たしていても、それだけで自動的に特別縁故者になるわけではありません。特別縁故者になるには家庭裁判所に申し立てる必要があります。

特別縁故者の申し立ては、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所におこないます。申し立て期間が重要で、相続人を捜索するための公告期間が満了してから3カ月以内に申し立てる必要があります。

特別縁故者に関する注意点は、要件を満たしているようでも必ず特別縁故者に認められるとは限らないことです。特別縁故者として認めるかどうかは、最終的には家庭裁判所の判断になります。

そのため、相続人のいない一人っ子が特定の人物に財産を残したい場合には、生前に有効な遺言書を作成して財産の行き先を指定しておくことが重要です。

まとめ

一人っ子が遺産を相続する場合、まずは本当に一人っ子かどうかを確認することが重要です。

被相続人の死亡から出生までの戸籍を順番にたどっていくことで、他の子どもや養子がいないか確認できます。

相続した遺産が高額な場合は相続税の課税対象になりますが、法定相続人の数が多いほど課税されにくくなります。

この点、一人っ子は法定相続人が自分だけなので相続税が課されやすくなります。

なお、一人っ子に相続人がいない場合、誰も相続しなければ相続財産は最終的に国のものになります。

内縁の妻などの特別縁故者に財産を残したい場合は、生前に遺言書を作成しておきましょう。

一人っ子の遺産相続に関することは、相続専門の弁護士にぜひご相談ください。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。