NULL 日当たりが悪い家は売却価格にどのくらい影響する?高値で売る5つのコツも解説 | イエコン

日当たりが悪い家は売却価格にどのくらい影響する?高値で売る5つのコツも解説

日当たりの悪い家

家の売却を考えているけど、日当たりが悪く、まともな価格で売却できるのか不安という方もいるかと思います。多くの人は、家を買うとなると日当たりを重視するため、日当たりの悪い家の売却価格は安くなりがちです。ただし、事前にいくつかの対策を行えば、日当たりの悪い物件でも高値で売れる可能性があります。

本記事では、日当たりの悪い家を高値で売るコツを解説します。少しでも高く売るためのポイントをチェックしていきましょう。

日当たりが悪い家は売却価格にどのくらい影響があるのか

日当たりについての査定では物件の方角が重視され、日当たりの悪い家では最大で2割ほど価格が安くなります。「日当たりの査定基準」や「日当たりの査定額への影響」を見ていきましょう。

日当たりの査定では道路側の方角が重要

日当たりについては、道路に接している向きが重要です。道路側の窓から日が差し込むため、道路側がどちらの方角を向いているかで日当たりが大きく変わってきます。

日当たりが良いのは、南、東、西、北の順で、査定価格もこの順番になります。さらに角地の場合は、日当たりの評価は上がり、南東の角が一番価値の高い物件となります。反対に、「北向きの家」や「角地ではない家」の売却となると、査定価格は下がってしまいます。

日当たりの悪さで最大2割ほど査定額が下がる

日当たりの悪い家では、最大で2割ほど査定価格が下がります

例えば、公益財団法人不動産流通推進センターの「価格査定マニュアル」では、戸建て住宅の土地の査定項目として「日照・採光」があり、評点によって-15%から+5%の範囲で査定価格が変わってきます
参照:公益財団法人不動産流通推進センター

日当たりの悪い家の売却を考えているのであれば、日当たり良好で他項目が同条件の物件と比べて、最大で2割程度は査定価格が下がることを覚悟しておく必要があるでしょう。

関連記事
袋地
不動産の購入を検討したり実際に囲繞地(いにょうち)の問題が生じるまで、囲繞地という言葉をご存知なかった方も多いのではないでしょうか?「通常は囲繞地なんて発生しないから、自分には関係ない特殊な分野の話だ!」と考えている方も多いでしょう。 しかし、隣地を親族が所有していたり、自分が経営している法人が周囲の土地を所有していた…

日当たりの悪い家を少しでも高値で売る5つのコツ

間接照明
日当たりの悪い家は、どうしても通常の物件よりも売却価格は下がることが多いです。それでも、少しでも高い価格で売却できないかと誰しもが考えるところだと思います。

日当たりの悪い家の価値を少しでも高め、高値で売るためのコツは以下の5つです。

1.「間接照明」で部屋を明るく見せる
2.明るく見える部屋作りをする
3.清掃を徹底的に行う
4.物件の写真を明るく撮る
5.ターゲットを変えてみる

1.「間接照明」で部屋を明るく見せる

日当たりが悪くても、間接照明を取り入れれば、購入希望者に良い印象を持ってもらえる可能性があります。背の高い間接照明を一つ設置すれば、部屋全体を明るく照らすことができます。部屋の隅々まで照らせば、部屋全体を広く見せることができるでしょう。間接照明一つで部屋が暗くて居心地が悪いという印象を大きく変えるはずです。

また、ドアを開けたとき、最初に目に入る場所に置くのもポイントです。内覧の際に、明るい照明の方に意識が向くので、日当たりに目が向きにくくなり、カモフラージュとしても期待できます。間接照明の電源はONのまま設置しておくと良いです。内覧でブレーカーを上げてもらった際にすぐに電気が付くようにしておくのが良いでしょう。

2.明るく見える部屋作りをする

カーテンやインテリアの工夫で、明るく見えるような部屋作りをすることも、印象アップのポイントです。カーテンは明るい色で、温かみのある暖色系がおすすめです。また、照明も暖色系のやわらかい色にしておくことで、明るく温かみのある印象を持ってもらいやすくなります。

また、リビングなどに鏡を設置して、採光を工夫するのも効果的です。鏡があれば部屋が広く見えるだけでなく、窓からの自然光を多く取り込んで室内が明るく見えるようになります。

3.清掃を徹底的に行う

日当たりの悪い物件では、部屋をキレイに見せることがより大切になります。日当たりが悪いと、もともとの暗い印象から不潔感を持たれやすくなります。清掃が行き届いていない箇所はないか、入念にチェックしておきましょう。清掃する場所として特に重要なのは、玄関と水回りです。

ドアを開けて初めに目に入る玄関は、家全体の印象を決めるといっても過言ではありません。はじめに「汚い」という印象がつくと、他の部屋がどれだけキレイでも、初めの印象を覆すのは難しくなります。まずは玄関を徹底的にキレイにしましょう。また、バスルーム、洗面所、トイレなどの水回りは内覧に来た購入希望者が厳しくチェックする場所になります。特に注意して清掃しておきましょう。

長年染み付いた汚れがどうしてもとれない場合には、ハウスクリーニングの利用も検討すべきです。多少の費用をかけても、物件を高く売ることができれば、費用を回収することができるはずです。

関連記事
事故物件清掃
自分が所有、管理する不動産物件内で、入居者の孤独死といった事故や事件などが発生すると、その物件は心理的瑕疵物件、いわゆる事故物件になってしまいます。 特に遺体の発見が遅れ、体液や血液が染み付いた部屋は、とてもそのままの状態では貸し出すことができません。 そういった物件の瑕疵を取り除き、再度賃貸に出せる物件にするためには…

4.物件の写真を明るく撮る

ネットの物件情報として載せる写真を明るく撮っておくことも、好印象を持ってもらうための重要なポイントです。家の購入を検討している人は、物件情報サイトから、購入する物件を調べ始めることも多いです。まずはサイトで見た時の第一印象が、明るくキレイに見えることが大切です。

明るくキレイに撮るためには昼間の撮影がおすすめです。同じエリアで条件の近い物件と比較しながら、撮れた写真を何度も確認して、少しでも印象の良い写真をアップするようにしましょう。

5.ターゲットを変えてみる

日当たりが悪いことをプラスに捉えてもらえる人をターゲットにするのも良い方法です。日当たりの悪い家でも、住む人によってはメリットとなることもあります。

日中部屋が暗いのであれば「昼でも熟睡できる」「日中落ち着いて作業できる」といった点にフォーカスして、夜勤や在宅勤務の人を狙ってみると高く売却できる可能性があります。

「室内の家具が日焼けしにくい」「熱がこもりにくい」といった点も、日当たりの悪い家のメリットとなります。部屋を明るく見せるとともに、メリットに着目したキャッチコピーで売るといった工夫もあわせて考えていくと良いでしょう。

日当たりの悪い家に住み続ける・放置し続けることの3つのリスク

結露
日当たりが悪く、湿度の高い家では、カビの発生で健康に悪影響が出る可能性があります。また、カビや結露によって建材が腐食するリスクも覚悟しておく必要があります。

日当たりの悪い家に住み続ける・放置し続けることのリスクは以下の3点です。

1.カビの発生で健康に悪影響を及ぼす可能性がある
2.結露やカビの発生で住宅が腐食される恐れがある
3.体内時計が調整しにくくなる

1.カビの発生で健康に悪影響を及ぼす可能性がある

日当たりが悪く風通しの悪い家では、カビが発生しやすくなり、健康上のリスクが高まります

カビの胞子が体内に入ると、喘息やアトピーなどのアレルギーを引き起こす原因となります。また、カビの胞子が肺の中に取り込まれると、肺胞内で繁殖し、呼吸器系の病気の原因ともなります。とくに体の免疫力や抵抗力が弱い子どもやお年寄りがいる家庭では、カビのリスクについては特に注意を払う必要があるでしょう。

2.結露やカビの発生で住宅が腐食される恐れがある

日当たりが悪く湿度が高い家では、カビや結露により住宅が腐食してしまう可能性があります。カビや結露を放置しておくと、建築材が劣化してしまったり、シロアリが発生しやすくなってしまったりなど、家の耐震性能や耐久性を著しく低下させる原因となります。

結露で怖いのが「内部結露」と呼ばれる現象です。冬場の暖房で湿度の高くなった空気は、湿度の低い外へ向かって壁や床を透過します。日当たりが悪い家では、その過程で「内部結露」が発生しやすくなり、床や壁の内部腐食の原因となります。表面結露であれば目に見えるところで起こるため、ある程度の対策が可能ですが、内部結露については、基本的には建物の劣化など、具体的な被害が発生するまで気が付くことができません。

内部結露による腐食がひどい場合には、リフォームが必要になり、かなりの費用が掛かることもあります。とくに屋根で内部結露が起これば、雨漏りの原因になるでしょう。日当たりの悪い家では、目に見えないところで住宅が腐食されてしまうリスクがあると理解しておく必要があります。

関連記事
雨漏り
台風による大雨などで、家が雨漏り被害にあってしまうことがあります。比較的に新しい家でも、風向きや雨の程度によっては繰り返し雨漏りしてしまうケースも少なくありません。 雨漏りを放置しておくと、躯体の腐食が進んでシロアリやカビが繁殖するなどで建物自体の寿命を縮めてしまう原因にもなってしまいます。 雨漏り部分を修繕しても再発…

3.体内時計が調整しにくくなる

日光の浴びにくい環境では、体内時計の調整が難しいと言われています。人の体内時計は、毎日一定のリズムを刻み、睡眠や食欲、体調を整える役割を持っています。血圧や自律神経の調節、ホルモンの分泌、臓器の働きなどを調整しているのも、体内時計です。

体内時計は朝、太陽光を浴びることでリセットされます。毎日きちんと体内時計がリセットされることで、「日中は活動して、夜は眠る」という規則正しいリズムを作ってくれます。日当たりの悪い家では、こうした正常な体内時計のリズムを作りにくく、体の調整が難しくなります

買い替え・引越しを検討中なら知っておきたい日当たりが良い方角

日当たり
現在、家の買い替えや引越しを検討していて、日当たりの良い方角が知りたいと考えている人もいるでしょう。日当たりは周辺環境や間取りによっても左右されますが、方角はやはり重要です。一戸建ての購入でも、新築マンション購入でも、どの方角なら日当たりが良好なのかは気になるところだと思います。

各方角の物件の日当たりの特徴を簡単にまとめると以下の通りになります。

南向き:1日を通して日当たりが良い
東向き:午前中の日当たりが良い
西向き:午後の日当たりが良い
北向き:1日を通して日当たりが悪い

一日中良好な日当たりを求める人は、南向きの物件を狙うのがベストです。ただし、生活リズムや趣向によっては、他の方角の物件も候補となるはずです。各方角の物件の特徴について確認していきましょう。

南向きは1日中日当たりが良好

南向きは、一日中、部屋の中に日を取り込みやすいのが特徴です。一日中、日の光を浴びて、快適に過ごすことができます。また、南側を向いた物件は「夏は涼しく、冬は暖かい」のもメリットです。冬は太陽が低く、日光のさし込む時間が長くなりますが、夏は日光が高く、太陽がさし込む時間が短くなるため、一年中快適に過ごすことができます。

ただし、南向きは最も人気の方角となるので、価格は高くなりがちです。価格も重視したい人は、他の方角の物件とあわせて検討すべきです。

東向きは朝の目覚めが良いのがメリット

東向きは、朝の日差しが強いことが特徴です。早朝から日の光を浴びることで、体内時計の調整がきちんと行われ、体調にも良い影響を与えます。また、冬の朝もしっかり日が差し込むため、部屋の暖まり方も早いです。ただし夏は、朝から日差しが強く、朝方、少し寝苦しく感じるでしょう。

東向き物件は、「朝早く起きて、夜は早く寝る」というような、朝方の生活リズムの人に向いている物件と言えるでしょう。

西向きは「夏は暑い」「西日が眩しい」などが難点

西向きの物件は、東向きとは対照的に、午前中は日が当たりませんが、午後になると日を多く取り込むことができます。午後から活動することが多い人であれば、比較的快適に過ごすことができます。

ただし、夏は暑くなることや西日が眩しいことなどのマイナスの印象が強く、一般的には敬遠されることが多い方角となっています。

北向きは1日中日当たりが悪い

北向きは、1日を通して日当たりが悪く、日当たりにこだわる人は避けるべき方角となっています。日当たりの悪い物件では、カビの発生に伴う健康上の被害や湿気による住宅の腐食など、トラブルのリスクが多くなります。このあたりにデメリットを感じる人は、北向きの物件は避けるべきです。

ただし、日当たりの良い方角の物件と比べると、相場が安いことがメリットです。あまり家にいないなど、住宅購入において日当たりの悪さがデメリットになりにくい人であれば、北向きの物件も候補として検討してみると良いでしょう。

まとめ

日当たりの悪い家の売却について解説しました。日当たりの悪い物件は、不動産価格が下がってしまいがちですが、工夫次第では高く売ることも可能です。部屋の内装をキレイにしたり、照明を明るくしたりして、好印象を持ってもらうことはとても大切です。好印象を持ってもらえれば高値での売却も十分に可能となってきます。一方で、日当たりが悪い家に住み続けることは、健康の上でも悪影響があると認識しておく必要があります。

売却すると決めたらスピーディーに行動することが重要です。売却方法に悩んでいる方は、不動産会社へ相談するのもおすすめです。

最終更新日:

訳あり物件の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191