「再建築不可物件」の基礎知識/知らないと損する活用方法

再建築不可物件を売却したい方はこちら

無料査定フォーム お客様の大切な不動産に見合うご提案をいたします
STEP.1/STEP.2/STEP.3
戸建て
マンション
土地
その他
-
▼ 郵便番号から自動入力されます ▼
住所
0120-543-191
受付時間 10:00 – 19:00 (土日祝を除く)

再建築不可物件ってなに?

再建築不可/道路に接していない/接道が2m未満

新たに建物を建てることができない物件(土地)のことを再建築不可物件といいます。通常の物件と同じように住むことはできますが、一度建物を取り壊してしまうと新たに建て直すことができなくなるため非常に扱いにくい物件ともいえます。

再建築不可物件の特徴

  • 道路に接する敷地の間口が2m未満

    土地が接している道路に面する長さ(間口)が2m未満の場合は再建築不可物件とみなされます。この場合、隣接している土地を取得し土地面積と間口を広げることで再建築が可能となります。

  • 接する道路が建築基準法の規定外

    接する道路の間口が2m以上でも、道路の幅が建築基準法の規定値を満たしていない(建築基準法の道路として認められていない)等の場合、再建築不可物件となります。この場合、物件のセットバックをおこない、道路の幅を広げるなどで再建築が可能となります。

  • 他人所有の土地に囲まれている

    自身の土地が他人の土地に囲まれていて一切道路に接していない場合、接道義務違反となるため再建築不可物件とみなされます。このような土地を建築可能な物件にするためには「道路に接している隣地を買い取って合筆」、「隣地の一部を売ってもらい接道義務を満たす」などの対処が必要となります。

再建築不可物件のリスク

再建築不可物件は所有しているだけでもリスクを伴う物件だといわれています。災害などで倒壊した場合などでも建て直しができないため、非常に扱いにくい物件でもあります。

再建築不可物件を活用する方法

再建築不可物件を手放さずに活用したい場合、物件の問題を解消するのが望ましいといえます。しかし現状のままでも活用する方法はいくつかあります。

再建築不可状態を解消する方法

  • 物件のセットバック

    自身の土地に接している道路が建築基準法規定外の道路の場合、自身が所有している物件をセットバック(後退)することで接する道路が建築基準法を満たす道路に変わり、再建築可能な物件になります。

  • 隣地の取得

    自身の土地に接する隣地を取得(購入等)し合筆することで再建築可能な物件にすることができます。主に「間口の狭い土地」や「接道部分がない土地」を再建築可能にする場合における対処法です。

  • 第43条1項の但し書き申請

    道路に接していない土地であっても、周囲の状況や建築物の条件により建築の許可が下りる場合があります。ただし、自治体ごとに認可・判断基準が異なるため管轄窓口への相談が必要になります。

再建築不可物件の処分・寄付・相続放棄

再建築不可物件は物件における条件が悪すぎると、どんなに頑張っても売却ができません。その場合、物件を処分するといった手段を取ることになります。主な処分方法には「個人・自治体への寄付」がありますが、相続物件においては「相続放棄」という手段もあります。

新着記事

カミソリ地 再建築不可 売却
2020.05.29
再建築不可物件

カミソリ地がある再建築不可物件の売却をわかりやすく解説!

所有地と道路の間に「カミソリ地」という、細長い他人名義の土地が入りこんでいることがあります。 建築基準法において所有地は道路に接している必要があり、道路に接していない場合は「再建築不可物件」と扱われてしまいます。カミソリ…

再建不可 売却 トラブル
2020.03.02
再建築不可物件

再建築不可物件の売却トラブルと解決方法を詳しく解説!

再建築不可物件は不動産市場での需要が低く、売却価格が相場の5割程度まで安くなってしまうことも珍しくありません。 しかし、少しでも高く売るために再建築不可物件であることを隠して売却すると、売却後に買主から契約不適合責任を問…

袋小路 土地 評価方法 売却
2019.12.02
再建築不可物件

袋小路にある家の土地の評価方法と高く売却するための3つの方法

道路が行き止まりになっている状態を「袋小路」といいます。 袋小路にある家の場合、建築基準法上の接道義務を満たしていなければ、建物の新築・建て替えができないので、売却価格が大幅に下がってしまうことが多いです。 その場合、例…

未接道物件 売却
2019.11.06
再建築不可物件

未接道物件を売却するのは難しい?具体的な売却方法を解説!

未接道物件とは、建築基準法という法律で定められた「接道義務」の規定を満たしていない物件のことです。 このような物件は「再建築不可物件」として扱われ、そのままでは建て替えや増改築ができません。そのため、未接道物件をそのまま…

建ぺい率 容積率オーバー 既存不適格物件
2019.10.15
再建築不可物件

建ぺい率・容積率オーバーの既存不適格物件を売却する5つの方法

古い建物のある土地で、法改正や周辺環境の変化により現代の建築基準に合わなくなった物件を「既存不適格物件」といいます。 建ぺい率(土地に対する建物の建築面積)や容積率(土地に対する建物の延床面積)をオーバーした既存不適格物…

旗竿地 建て替え
2019.06.04
再建築不可物件

旗竿地を建て替える方法とは?解体費用や売却方法も詳しく説明!

旗竿地とは、文字どおり旗のような形状をした土地です。旗竿地のなかには「再建築不可物件」にあてはまり、建物を建て替えられない物件も存在します。 しかし、再建築不可の旗竿地であっても、建て替えを可能にする方法はあります。 ま…

違反建築物 売却 ポイント
2019.05.07
再建築不可物件

【違反建築物の売却方法】注意点や少しでも高く売る3つのポイント

建築基準法やその他の法令に反している建物を、違反建築物といいます。 違反内容として多いのは、土地に対する建物の面積・高さの基準オーバーや、定められた土地の用途に反した建築物などです。 法令に違反しているような建物を進んで…

12

ctaMain__copy

0120-543-191
受付時間 10:00 – 19:00 (土日祝を除く)
ctaMain__mail