借地でアパート・マンション経営をするときの5つの注意点!利回りや収益物件の選び方も解説

借地 マンション

「父親から借地を相続することになったが、すでに自宅はあるのでうまく土地活用したい」「息子の家に住むことになったので、今の家は建て替えて賃貸経営に使えるアパートやマンションにしたい」

この記事をご覧のあなたも、このような理由で借地を使って賃貸経営しようと考えているのではないでしょうか。借地上の建物を第三者に賃貸物件として貸し出すことに原則、地主の承諾は必要ありません。それは、「借地権の転貸」とは異なるものだからです。ですが、借地でアパート・マンション経営をするときには気をつけておくべきこともあります。

この記事では、借地でアパート・マンション経営するときの5つの注意点と収益を上げるためのポイントについて詳しく解説します。これを読めば、借地でアパート・マンション経営をするときの注意点、賃貸経営のポイントも理解できるでしょう。

借地でアパート・マンション経営をするときの5つの注意点

承諾書
建物所有を目的として土地を借りた借地人が、その建物をどのように使おうと基本的には問題ありません。契約で交わした目的に反しない限りは、居住用でも店舗・事業用でも自由に建築、使用できます。ただし、借地でアパート・マンションを経営するときには注意点もあります。代表的な注意点は以下の5つです。

(1)定期借地権でないか確認する
(2)借地契約で交わした土地の使用条件を確認する
(3)建て替えるときには地主の承諾が必要
(4)敷地が借地の場合はローンが組みづらい
(5)出口戦略を立てにくい

(1)定期借地権でないか確認する

「借地権」といっても、現在2種類の借地権が存在します。1つが、平成4年7月末日までに設定された借地権で「旧法借地権」です。もう1つが、平成4年8月以降に設定された借地権の「新法借地権」です。

このうち、旧法借地権または、新法借地権の普通借地権であれば契約期間が満了となっても、借地上に建物が存在している限りは契約更新されます。そのため、アパート・マンション経営をするときも借地権の存続期間を深く考える必要はほとんどありません。更新が拒絶されるのは、地主側にどうしてもその借地契約を更新拒絶しなければならない理由とも言える正当事由が必要になるからです。

一方、現在の借地権が定期借地権であれば存続期間は重要です。定期借地権は更新のない借地権で、借地契約の期間満了となれば必然的に借地権も更新されず、地主に返還します。つまり、これからアパート・マンション経営を始めようと思っても存続期間が5年や10年と短ければ、入居者も安心して住むことができません。そうなると定期借地権の更新時期に合わせた定期借家契約といった更新なしの賃貸物件として入居者を募集する必要があります。しかし、更新がないため家賃は同一条件の物件よりも下げるしかなく、空室率も上がることが予想されます。

もし現在の借地権が定期借地権だった場合には、アパート・マンション経営を始める前に、借地権の延長や契約の結び直しを地主と相談するようにしましょう。

関連記事
更新拒否
賃貸物件の貸主には、入居者との賃貸借契約の更新を拒否したい事情が発生することがあります。 賃貸借契約のパターンによって、契約更新の拒否が容易か難しいかが変わってきます。 この記事では、2つの契約パターンの概要とそれぞれの契約更新拒否について解説していきたいと思います。 「定期借家契約」の場合、契約更新は無い 契約更新を…

(2)借地契約で交わした土地の使用条件を確認する

一般的に交わす土地賃貸借契約書には、「建物の所有を目的」としていることが多いです。しかし、条件として「自己使用」や「共同住宅の建築は不可」がある場合、第三者に貸し出したり、複数の世帯が住んだりすることになるアパート・マンション経営はできません。また、建物の構造についても堅固建物・非堅固建物の条件がついている場合には、その条件に沿ったアパート・マンションしか建築できないことになります。もし、これらの条件を確認せずに賃貸経営を始めてしまうと、後々トラブルに発展するので事前に確認することが重要です。

そして、条件の変更が必要とわかった場合には、地主に条件変更を申し出て、承諾を得なければなりませんこのとき借地条件変更承諾料として更地価格の10%程度を支払う必要もあります。

(3)建て替えるときには地主の承諾が必要

親が住んでいた借地を相続すると、その借地の上に建てられている建物は一戸建てがほとんどでしょう。そのため、アパート・マンション経営を始めるには建て替える必要があります。このとき、借地契約に増改築禁止特約が設定されている場合には、地主の承諾を得てから建て替えなければなりません許可なく建て替えた場合には、建て替えの中止、状況によっては借地契約の解除になる可能性もあるので注意してください。なお、建替え承諾料の相場は更地価格の3%程度です。借地条件変更承諾料とは別に支払いを求められることもあるので、現在の借地条件や承諾料の支払い方について確認しておきましょう。

また、もし建て替えについて地主から承諾を得られないときには地主の承諾に代わる許可として、裁判所に申立てできます。裁判所が状況などを確認し、建て替えを認めた場合には、直接地主からの承諾を得られなかったとしても、地主の承諾を得たものとして建て替えを進められます。ただし、借地非訟は法律で認められた行為ではありますが、今後も地主との長い付き合いがあることを考えるとあまりおすすめする方法ではありません裁判所に代諾許可を申し立てるのではなく、地主と話し合って、納得してもらって承諾をもらう方がいいです。

関連記事
借地権建て替え
借地権は地主から土地を借りている状態です。 そのため、「借地上の建物が老朽化してきた」、「キッチンや水回りなどの設備を一新したい」、「子どもが独立してライフスタイルが変わった」などにの理由で建て替えをしようと思っても、何か制限されるのだろうかと不安に感じているのではないでしょうか。 借地権の建て替えでは、原則、地主の承…

(4)敷地が借地の場合はローンが組みづらい

敷地が借地権の場合、金融機関から融資は受けにくいです。賃借権である借地権に抵当権を設定するには地主の承諾が必要になります。しかし、抵当権設定を承諾するメリットが地主にはなく、承諾することもまずありません。

その結果、抵当権は借地上の建物に設定します。通常であれば建物と土地の両方を担保に入れて、融資するのですが、建物のみになるので資産価値は低くなります。担保が建物だけでも融資を受けられる理由は、借地上の建物に抵当権を設定することで、その効力は借地権にまで及ぶとされているからです。しかし、借地人の地代滞納や地主との信頼関係を破壊する行為によって借地契約を解除されると、借地上の建物も取り壊しになります。そうなれば、金融機関は建物を売却して融資した金額を回収することができません。

借地権にはこのような事情があるので、そもそも敷地が借地権だった場合には融資しないとしている銀行もあります。そのため、銀行などからのローンを前提にアパート・マンション経営をしようと考えていると、必要資金を用意できない可能性もあるので注意してください。

関連記事
借地権 住宅ローン審査
マイホームを購入するとき、土地が借地権であれば土地代は不要なので通常の不動産に比べて価格は低くなります。 それでも、購入価格は数千万円になるので現金一括は難しいでしょう。 この記事をご覧のあなたも「土地が借地権でも住宅ローンを借りられるだろうか」と不安に感じているのではないでしょうか。 実際のところ借地権の場合、住宅ロ…

(5)出口戦略を立てにくい

アパート・マンションの建物も老朽化します。そうなれば、建て替えや売却を検討する必要がでてきます。また、賃貸経営がうまくいかなかったり、あなた自身の状況も変わったりするでしょう。そうなったときに、ただなんとなく賃貸経営を続けることは危険です。「最終的にどうするか」という出口戦略として以下のことが考えられます。

・売却する
・建物を取り壊して一部の土地を売却する
・リフォームやリノベーションを繰り返しながら所有し続ける
・自分の居住用とする

しかし、借地権は、借地上の建物を第三者に譲渡するときには、地主の承諾が必要になります。建物だけの売却とはならず、建物から切り離すことができない土地(借地権)も合わせての売却となるからです。また、地主から売却の承諾を得られたとしても、借地権付き建物の売却価格は所有権の土地と建物の売却価格に比べて非常に安いです。通常の物件に比べて30%~40%程度、低い場合には10%程度の価格でなければ買主が見つかりません。

さらに、増改築して所有し続ける場合でも、地主への承諾と承諾料の支払いが必要です。借地権にはこのようなデメリットがあるので、アパート・マンション経営を始める前に出口戦略を立てることは難しいと認識してください。

関連記事
借地権
「親から相続した借地権を相続税納付のために売却したい」 「借地権を売却してマイホームの資金にしたい」 「転勤が決まったので借地権を売却したい」 この記事をご覧のあなたも上記のような理由で、できるだけ早く借地権を売却したいと考えているのではないでしょうか。 借地権の売却は、誰に売るかによっても必要な手続きは異なり、売却価…

借地でのアパート・マンション経営は、利回りとキャッシュフローが増加

利回り
ここまで借地でアパート・マンション経営するときの注意点をお伝えしました。借地権者はあくまで土地所有者から土地を借りているだけなので、様々な制限があります。ですが、デメリットばかりではありません。借地でのアパート・マンション経営は利回りアップに繋がり、キャッシュフローが増えるというメリットがあります。その理由は、借地権の価格の安さです。所有権の土地を取得するときと比べて60%~70%の価格で購入することができます。所有権であれば5,000万円必要だった土地も、3,000万円~3,500万円で利用できるということです。

年間表面利回りは、以下の式になります。

【年間家賃収入÷物件価格 × 100】

借地権の取得費用が低いということは、物件価格が安くなるということなので、利回りは大きくなります。さらに融資を受ける金額が少なくて済む分、返済額も少なく、キャッシュフローが増える点もメリットです。

底地を購入できると売却益も期待できる

借地権は売却が難しいことがデメリットでした。しかし、地主側に相続や経済的な理由があると底地を手放すこともあります。底地は通常、最初に借地権者に買い取りの提案がきます。なぜなら、借地権者は底地を取得するメリットが大きく、地主にとっても高値で売却できる相手であるからです。

そして、底地を購入できれば、借地権だった土地は完全所有権になります。そうなれば、売却も増改築も自由です。売却時も市場価格で購入希望者を探せるようになるので出口戦略としても、売却を選択肢に入れられます。もともと借地権のタイミングで安く手に入れられているので、底地権を購入することで高い売却益を期待できます。

関連記事
底地借地同時売却
底地や借地権は売却が難しい不動産として知られています。 ひとつの土地に対して複数人の権利が存在するため、それぞれを単体で売却する場合には価値が下がり、買い手もみつからず一苦労ということも。 そこで、地主と借地人がお互いに協力し「同時売却」という方法で不動産を売却することがあります。 今回は底地や借地権の同時売却について…

アパートやマンション経営をするときの収益物件を選ぶ4つのポイント

空室
最後に、アパートやマンション経営をするときの収益物件の選び方について解説します。ポイントは以下の4つです。

(1)立地
(2)周辺環境などの条件
(3)利回り
(4)近隣の賃貸物件の状況

(1)立地

複数ある収益物件を選ぶときのポイントのなかでも、立地は一番重要になります。なぜなら、部屋が狭かったり、日当たりが悪いなど条件が不利だったりしても、「立地がいい」というだけで、入居者が集まりやすいからです。たとえば、複数路線可能で駅から徒歩5分以内のような場所です。このような立地であれば、通勤・通学に便利で、空室ができてもすぐに入居者が見つかるでしょう。

(2)周辺環境などの条件

学校が近い、公園が近い、スーパーやコンビニ、ショッピングモールが近いといった周辺環境の条件もポイントです。ただし、収益物件で単身者・学生をターゲットにするか、ファミリー層をターゲットにするかでも適切な周辺環境は変わります。また昼と夜で雰囲気が大きく変わる地域もあるので、収益物件を選ぶときには、昼と夜、どちらも確認して騒音や治安状況などを確認することが大切です。

(3)利回り

収益を得るためにアパート・マンション経営を行うので、想定利回りもしっかりと計算しておきましょう。収益物件として公開されている多くの利回りは表面利回りで、賃貸経営に必要な経費や管理費などは考慮されていません。さらに入居率は100%で計算されています。そのため、実際に得られる利回りとは大きく異なっており、賃貸経営を始めたあとで「こんなはずではなかったのに」と後悔することにもなります。収益物件を選ぶときには、諸経費や空室率なども考えた想定利回りを算出して、選ぶようにしてください。

(4)近隣の賃貸物件の状況

4つ目のポイントは、近隣の賃貸物件の状況です。物件の家賃、入居条件、募集状況を確認することは、収益物件を購入するかどうかの判断に役立ちます。購入を検討している物件での想定賃料が、近隣の物件よりも高ければ入居者集めが大変になるかもしれません。また、空室が目立つ場合には、その物件に問題があるかもしれませんが、そもそも賃貸物件の需要がないとも考えられます。

このように周辺の物件を確認することで、その地域で求められている物件の種類や条件がつかめてきます。諸々の条件と照らし合わせて、収益物件を購入するかどうか判断することをおすすめします。

まとめ

以上、借地でアパート・マンション経営をするときの5つの注意点とメリット、物件選びの4つのポイントについて解説してきました。

まとめ
・アパート・マンション経営を始める前に借地権の種類・借地契約の条件を確認すること
・敷地が借地の場合、融資審査が通りにくいので自己資金をできるだけ準備する
・借地で賃貸経営するメリットは、利回りアップとキャッシュフローが増えること
・収益物件を選ぶときは立地を一番に考える

借地でアパート・マンション経営をするときには、事前に契約内容の確認や売却時に地主の承諾が必要になるなど、手続きが所有権の土地の場合と異なります。しかし、賃貸経営で成功するためのポイントは、敷地が借地権であっても所有権であっても変わりません

アパート・マンション経営をするときの注意点を念頭に置きながら、利回りが高くなるといった借地権であることのメリットを活かせば、より着実な賃貸経営を実現できるでしょう。

最終更新日:

底地・借地の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191