委任状が必要なケースにおける共有名義の不動産売却!作成方法や注意点なども解説

委任状

共有名義の不動産を売却する場合、名義人全員が同席して契約を結ばなくてはなりません。しかし、不動産の所在地や名義人の状況によっては、契約時に誰かが欠けてしまうことも考えられます。

もし欠員が出そうであれば委任状を作成してもらうことで、契約締結時に参加できなくても売却が可能となります。

この記事では、委任状が必要なケースにおける共有名義の不動産売却をメインテーマとして詳しく解説していきます。

また、委任状に記入すべき内容やその他の必要書類、代理人が共有不動産を売却するまでの流れなども説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

委任状が必要なケースにおける共有名義の不動産売却

委任状 作成
共有名義の不動産を売却する際、共有名義人全員の立ち合いが必須です。

しかし「仕事が忙しい」「病気や怪我で入院している」などケースによっては契約時に立ち会えないこともあるかもしれません。

このような場合、代理人を立てることで不動産売却に関わる手続きを代行してもらうことが可能です。もし委任するのであれば、必ず「委任状」を作成しなければなりません。

その理由は、代理権が与えられていることを証明しなければ、手続きをおこなうことができないからです。委任状を作成する際は必要事項の記入漏れや不備がないように注意しましょう。

次の項目から委任状の作成方法について詳しく解説していきます。

委任状の作成方法

先ほども述べたように、共有名義人が不動産の売却を代理人に委任する場合、委任状を作成しなければなりません。また、委任状には添付書類も必要です。

添付書類は委任者(共有名義の不動産の売却を代理人に委任する人)と、受任者(代理人に選任される人)のものを用意しなければいけません。

添付書類は役所などで取得するものあり時間がかかるケースもあるため、早めに準備を進めましょう。

委任状の記入事項

委任状には決まった書式がないため自分で作成できます。また、不動産会社に仲介を依頼する場合は用意してくれることもあるため、作成してもらえるか尋ねてみましょう。

委任状には以下の必要事項を記入します。

  • 委任者の住所と氏名
  • 受任者の住所と氏名
  • 受任者に委任する取引内容と取引日
  • 代理人に与える権限の範囲
  • 不動産の情報

基本的に委任状を作成する際「手書き」「パソコン入力」どちらでも構いません。ただし、委任者・受任者の住所と氏名は自筆で署名し、実印を押しましょう。

なぜなら「自分の意思で代理人を選んだ」ということを示す必要があるからです。

取引内容は「不動産売買契約」などとし、取引日とともに受任者を代理人と定める旨を記します。取引における代理人の権限はどこまでの範囲を与えるのか具体的に書くことが大切です。

また「登記簿謄本」に書かれている不動産の所在地や面積、家屋の種類や構造などをそのまま書き写しましょう。

登記簿謄本の取得方法については以下の記事で詳しく解説しているため、参考にしてみてください。

関連記事
必要書類
不動産売却ではさまざまな必要書類があります。「家や土地などを売却しよう」と思い立ったら少しずつ書類を用意することが大切です。 早めに書類を集めておくことで、スムーズな売却ができるかもしれません。また、書類を紛失してしまった場合も余裕を持って再発行や手続きなどを進めることが可能でしょう。 この記事では、不動産売却における…

委任状は印鑑登録証明書や実印なども一緒に代理人へ手渡します。委任状や印鑑登録証明書などを渡す前にコピーを取って手元に保管しておくとよいでしょう。

委任状以外に必要な書類

代理人を選任する際に、委任状だけでなく以下の書類も添付しましょう。

  • 委任者と代理人の印鑑登録証明書
  • 委任者と代理人の住民票
  • 委任者と代理人の顔写真付き身分証明書のコピー

印鑑登録証明書や住民票は市区町村の役所で発行できます。印鑑登録証明書の発行は窓口へ「印鑑登録証」を持参しなければ手続きができないため、忘れないようにしましょう。

住民票は身分証明書のみで発行可能なため、同時に申請をおこなうとよいでしょう。ただし、発行手続きを代理人に任せる場合、委任状が必要です。

代理人に委任する場合の注意点

注意点
「代理人に不動産売却の手続きを委任する」ということは、決定権を代理人に委ね、代理人の行為は自分の行為と同じであると認めることです。

万が一、代理人が自分の意思と反する決定を下してしまうと、トラブルに発展する可能性があります。代理人の選定や委任する範囲などについては慎重に決定することが大切です。

家族や司法書士などの専門家を代理人に任命する

代理人には特別な基準がありません。そのため、委任者が委任状を書き代理人を指名すれば、受任者は代理人になれます。

代理人による不動産に関する取引行為は委任者の意思であるとみなされるため、人選には注意しなければなりません。

共有名義の不動産売却の場合、家族・親戚間で共有名義人となっていることが多いため、そのうちの一人を代理人に任命するケースが多いでしょう。

ただし、親が認知症などを患っていると正常な判断が難しいため、不動産売却の手続きを委任できないこともあります。

このような場合であれば「成年後見制度」を利用して子供が代理人として不動産売却を進めるようにします。

成年後見人制度を利用した不動産売却については以下の記事でわかりやすく解説しているため、ぜひ参考にしてみてください

関連記事
成年後見制度
親が認知症になり判断能力が不十分になった場合、正しい判断ができる状態にないため、本人が所有する不動産を有効に売却することができなくなるなど、生活に不都合が生じてきます。既に判断能力が低下している場合だけでなく、今は元気だけど将来にどうなるか心配と不安を抱えている親族の方もいらっしゃるでしょう。 そんな時に有効な制度とし…

また、血縁関係ではない人たちが共有名義人になっていたり、離婚に伴う共有名義の不動産売却をおこなう場合、司法書士や弁護士などの専門家に託すとよいでしょう。

代理人に与える権限を明確にする

代理人に与える権限を明確にしておかなければ、売却トラブルに発展してしまう恐れがあります。例えば、代理人が委任者の意思に反して買主からの値引き交渉に応じてしまうことも考えられます。

このようなトラブルを未然に防ぐために委任する内容をできるだけ具体的に明記することが大切です。

必要書類の取得や媒介契約の締結、不動産売買契約の締結、売却代金の受領、引き渡しなど取引のさまざまな段階においてどの範囲まで代理人に権限を与えるのかを明確にするとよいです。

「不動産の売却に関する一切のことを委任する」という表現は権限が広範囲に及ぶよう解釈される可能性があるため、使わないように注意しましょう。

代理権委任状への加筆を防ぐ

委任状を代理人に渡したあと、委任する内容を加筆されないように以下のような対策を取っておきましょう。

①委任する内容の欄を空白にしない
②委任状を書き終えたら「以下余白」という言葉を入れる
③捨印をしない

①は「白紙委任状」とよばれるものです。委任内容を空白にしておくと、代理人に追記されてしまう恐れがあります。

②も同じく追記を防ぐ手段です。③の捨印は「代理権委任状に訂正してもよい」と認めることになってしまいます。頼まれたとしても捨印をしないようにしましょう。

代理人が共有名義不動産を売却する流れ

不動産売却 流れ
家族で共有名義となっている不動産を売却する際、共有名義人の一人が代理人(代表者)として手続きをおこなうケースもあります。

売却までの準備でやるべきこと、売却時・売却後でやるべきことがあります。

また、代理人に委任したからといって、共有名義人はすべて代理人に任せきりでよいというわけではなく自ら関わらなければならない局面もあります。

売却までに準備しておくこと

共有不動産の売買までにしっかりと準備をしておくことでスムーズに取引をおこなえるでしょう。準備しておくことは以下の通りです。

  • 共有名義人を把握する
  • 査定・売却価格の決定
  • 代理人選定、代理権委任状の作成
  • 必要書類を揃える

次の項目からそれぞれの準備についてわかりやすく解説していきます。

共有名義人を把握する

まず、売却する不動産の共有名義人は誰なのかを把握する必要があります。

夫婦や親子が共有名義で家を購入した場合であれば、共有名義人を調べる必要はほとんど無いかもしれません。

しかし、相続によって複数の相続人で不動産を共有しているケースでは、誰が共有名義人なのか曖昧になっている可能性もあります。

不動産の名義人は「登記事項証明書(登記簿謄本)」で確認することができます。

売却価格の決定

売却活動を始める前におおまかな希望価格を設定しておくとよいでしょう。そのために、共有名義人全員でいくらで売り出すのか話し合うことが大切です。

売却価格は不動産業者に査定を依頼したり近隣の不動産がどのくらいの金額で取引されているのか調査することで決めやすくなるかもしれません。

当社クランピーリアルエステートは共有不動産の売却・買取をおこなう専門業者です。

また、弁護士や司法書士などの士業専門家と提携を結んでおり、専門知識と経験を持ち合わせた専門スタッフも多数在籍しているため「高額査定・スピード買取」が可能です。

売却・買取に関して無料相談もおこなっていますので、疑問や不安がある人などはぜひ以下のリンクからお気軽にご相談ください。

代理人選定、代理権委任状の作成

希望価格が決まれば不動産会社と契約をして実際に売却活動を進めていきます。

その際に、代理人や代表者を立てておくことで、不動産会社や買主とのコミュニケーションが比較的容易になるかもしれません。

また、共有名義人が急遽、契約に立ち会えなくなってしまい契約を結ぶことができなかったというトラブルも防ぐことができるでしょう。

実際に共有不動産の売却において代表者を一人選任して取引をおこなうケースも少なくありません。

必要書類を揃える

共有不動産の売却においてさまざまな必要書類があり、それが以下の通りです。

  • 登記識別情報(登記済証)
  • 土地測量図・境界確認書
  • 委任状
  • 共有名義人全員と代理人の実印と印鑑登録証明書
  • 共有名義人全員と代理人の住民票
  • 共有名義人全員と代理人の身分証明書

これらの必要書類は取得までに時間がかかることもあるため、早めに準備しておきましょう。それぞれの必要書類における取得方法については前の項目で紹介した記事を参考にするとよいです。

共有名義の不動産を売却する

売却の準備が整ったら実際に売却活動を進めていきます。一般的に売却は以下の流れで進められます。

  1. 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  2. 買主と売買契約を結ぶ
  3. 決済・物件の引き渡しをおこなう
  4. 確定申告・納税をおこなう

次の項目から売却の流れについて解説していきます。

①不動産会社と媒介契約を結ぶ

一般的に不動産売却をおこなうのであれば不動産会社と媒介契約を結び仲介してもらうケースが多いです。

媒介契約は「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。それぞれの契約については以下の記事で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

関連記事
不動産売却流れ
マンションを売りたい、戸建てを売りたい、でも売却の仕方が分からないという人は多いのではないでしょうか? 大きな取引なだけに不安に思うこともあると思います。でも心配はご無用。基本的な流れと重要なポイントを押さえれば怖くはありません。 不動産売却の流れを簡単に説明すると以下のようになりますが、それぞれに注意すべきポイントが…

②買主と売買契約を結ぶ

買主と売買契約の内容について合意したら契約を締結します。このとき、契約書に署名・押印して手付金などの受け渡しをおこないます。

ちなみに、手付金は売却価格の5~10%が相場だといわれています。

契約を結ぶ際はしっかりと契約内容を確認し合って「言った・言わない」のトラブルに発展しないようすべての内容を書面に書き残しておくことが大切です。

③決済・物件の引き渡しをおこなう

売買契約が成立したら日程を調整して決済と引き渡しをおこないます。

決済と引き渡しが無事に終われば抵当権抹消登記の手続きをしましょう。抵当権を抹消するためには「抵当権抹消登記申請書」を作成して法務局に提出・申請します。

抵当権抹消登記の具体的な手続方法は以下の記事でわかりやすく解説しているため、参考にしてみてください。

関連記事
抵当権付き不動産
住宅ローンを組むとき、その購入対象となる不動産を担保に抵当権を設定することが一般的です。一生住み続けようと思って買ったマイホームも、事情が変われば売却しなければならないこともあるでしょう。このとき、住宅ローンを返済中の抵当権付き不動産は売却できるのだろうか、と疑問に感じていると思います。 結論をお伝えすると、原則、抵当…

④確定申告・納税をおこなう

共有不動産の売却利益は持分に応じて共有名義人の間で分配します。また、分配されたお金は譲渡所得税が課せられるため、必要に応じて確定申告をおこない納税しましょう。

確定申告は必ず自分でおこなわなければなりません。不動産売却のように代理人を立てることができないため注意しましょう。

ただし、税理士であれば確定申告を委任できるため、どうしても確定申告の手続きが困難だという場合は相談するとよいです。

まとめ

共有名義の不動産を売却するには共有名義人全員から同意を得るだけでなく、売買の取引にも同席し契約書などに署名・捺印をする必要があります。

しかし、事情によっては契約に立ち会えないケースもあります。このような場合、委任状を作成して代理人に取引に関わる手続きを代行してもらうことが可能です。

ただし、委任状を作成するにあたって、代理人に与える権限の範囲などを明確にしておくなどの必要があります。また、委任状が代理人によって加筆されないよう気をつけましょう。

委任状が必要なケースにおける共有不動産売却に関して疑問や不安がある人などは不動産会社に相談することが大切です。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。

共有持分の売却をご検討の方は今すぐご連絡ください

0120-543-191