ペットを飼っていた家は売却価格が下がるのか?高く売却する方法を解説

ペット

以前は犬や猫は室外で飼うのが一般的でしたが、最近ではペットを室内で飼っている人も珍しくありません。

実際に、ペットを飼っていた家を売却する人は

「ペットを飼っていた家の売却価格は下がってしまうの?」

「ペットを飼っていたことによって売却価格が下がるなら、飼っていたことを内緒にしたまま売却したい」

など、さまざまな悩みや疑問があることでしょう。

この記事では「ペットを飼っていた家を売却したい人」のために、不動産専門家の観点からあなたの疑問を解消します。

具体的には

・ペットを飼っていた家の売却価格が下がるケース
・ペットを飼っていたことで売却価格が下がってしまう主な要因
・ペットを飼っていた家を高く売却する方法

などを、順番通りにわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、ペットを飼っていた家でも高く売却できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

「ペットを飼っていた家」という理由だけで売却価格が下がるわけではない

家を売却する際「過去にペットを飼っていた」「現在もペットを飼っている」ことを原因に、家の売却価格が下がってしまうのではないかと、不安に思う方も多いのではないでしょうか。

結論をいうと「ペットを飼っていた家」という理由が、売却価格の低下に直結することはありません。

家を売却するときに重要視されるのは、物件の状態です。ペットを室内で飼っていたとしても、修繕の必要がなければ、売却価格に大きな影響は出ないでしょう。

反対に、ペットを飼っていない家でも、劣化や損傷が激しい場合は大幅に値下げされてしまうでしょう。

ペット飼育による「家の状態が劣化している」場合に売却価格が下がる

先ほどもお伝えしたとおり「ペットを飼っていた」という理由だけで、家の売却価格に直接的な影響をあたえることはありません。

ただし、ペットを飼っていたことにより、家の状態が劣化・損傷している場合は、売却価格が下がるかもしれません。

とくに、ペットの歯や爪で床や壁が損傷しているときに、家の価値は大きく下がってしまいます。

また、家の購入を希望する人が、動物アレルギーをもっている恐れもあります。もしも、内覧時や購入時に、ペットの毛などが落ちたままだと、購入を見送られてしまう恐れがあるでしょう。

室外飼育(犬小屋など)の場合は相場通りの価格で売却できる可能性が高い

ペットを室内で飼育している場合は、床や壁などが損傷してしまっているかもしれません。

しかし「犬小屋で飼育している」など、ペットを屋外で飼育している場合は室内の損傷が少ないでしょう。

そのため、相場通りの価格で売却できる可能性が高いです。

また、犬小屋などはすぐ撤去できるので、売却が決まるまで残してもよいかもしれません。

もしも、家の買主が同じようなペットを飼育している場合、犬小屋をそのまま利用できる可能性もあるでしょう。

ペットを飼っていたことで売却価格が下がってしまう主な要因

「ペットを飼っていたから」という理由だけで、家の価格は下がりません。

ただし、ペットを飼っていたことにより

  • 室内に匂いや汚れが染みついている
  • ノミやダニなどが発生している
  • 壁や床に爪などの傷跡が残っている

など、家が損傷してしまっている場合は、家の売却価格が下がってしまいます。

室内に匂いや汚れが染みついている

ペットが上手にトイレをできなかったなど、独特の汚れが室内に残ってしまうことがあります。

また、毎週欠かさずにペットを洗っていても、動物特有の匂いは発生してしまうでしょう。

汚れや匂いは、壁紙・クロスや床などに染み付いてしまいます。

飼い主からすると、気にならないものかもしれませんが、匂いや汚れに敏感な人には敬遠されてしまうでしょう。

ノミやダニなどが発生している

ペットを散歩に出した際に、ノミやダニなどを一緒に連れてきてしまうこともあるでしょう。

ノミの発生は、人間に対して感染症のリスクも発生させてしまいます。

ですので、ペットを飼っていた家の売却時は、入念に掃除をおこなう必要があります。

また、床がカーペットの場合は、ノミが繁殖してしまっている恐れもあるので注意が必要です。

壁や床にひっかき傷などの傷跡が残っている

ペットが壁を引っ搔いてしまったり、走り回って床が剝がれてしまうこともあるでしょう。

また、障子やふすまに穴が空いていることもあるかもしれません。

こういった目に見える傷が残ったままだと、買主の購入意欲が下がってしまいます。

ペットを飼っていた家を高く売却する方法

ペットを飼っていた家を高く売却する方法は「汚れや傷を修繕すること」です。

ハウスクリーニングや補修で家を綺麗にすれば、価値を下げずに高く売却できるでしょう。

ただし、ハウスクリーニングや補修の費用は、売主が負担する必要があります。

せっかくハウスクリーニングしたとしても、買主がつかなくては、ハウスクリーニングの費用を回収できません。

状況によっては、訳あり物件の買取専門業者に売却することも検討したほうがよいでしょう。

ハウスクリーニングや補修をおこなう

ペットの飼育にかかわらず、家の売却時にハウスクリーニングを実施することはおすすめできます。

ハウスクリーニングを業者に依頼すれば、部屋についてしまった汚れや傷などを綺麗に補修してもらえます。

また、染みついてしまったペットの匂いを自分の手で取り去ることは困難です。業者によるハウスクリーニングなら、ほとんどの匂いを消せるでしょう。

ちなみに、ハウスクリーニングの費用は約6畳の部屋で4万円〜、約50畳になると10万円〜が目安になります。

業者によって金額や効果に違いがあるので、慎重に選びましょう。

ハウスクリーニング・補修は売主負担なので実施前に不動産会社と相談しよう

家の売却にあたってハウスクリーニングをおこなう場合でも、ハウスクリーニングの費用は売主が負担しなければなりません。

ハウスクリーニングの実施によって、家の売却価格を上げられれば、ハウスクリーニング費用を回収できることでしょう。

しかし、ハウスクリーニングをおこなえば「売却価格が必ず上がる」わけではありません。

場合によっては、ハウスクリーニングにかけた費用を回収できず、損してしまうかもしれません。

ハウスクリーニングを実施することで、売却価格が上がるかどうか不動産会社と相談しましょう。

訳あり物件の買取専門業者に売却する

ペットによる傷や汚れが多く、ハウスクリーニングが面倒に感じる場合は、そのまま売却することを検討しましょう。

売却先としては、大手の不動産会社ではなく「訳あり物件の買取専門業者」をおすすめします。

訳あり物件専門業者なら、売却が難しい家でも上手に活用するノウハウがあるため高額で買取可能です。

当社クランピーリアルエステートも、訳あり物件を専門に取り扱う不動産買取業者です。

物件の資産価値を高めるノウハウや実績があり、訳あり物件に詳しい専門家も多数在籍しています。

ペットを飼っていた家でも、当社なら高く買取できます。まずはお気軽にご相談ください。

ペットを飼っていた事実を隠したまま売却するのはNG

ペットを飼っていた家を売却するとき「ペットを飼っていた家の売却価格が安くなるなら、内緒にしたまま売却したい」と思う方も多くいるかもしれません。

しかし、ペットを飼育していた事実を隠したまま売却するのは絶対にやめましょう。

もしも、バレずに売却できたとしても、ペットを飼っていたことがバレてしまうと、売買契約の解除や損害賠償に発展する恐れもあります。

家を売却するときは、必ずペットを飼っていたことを告知しましょう。

ペット飼育の事実を隠して売却すると購入をキャンセルされる恐れがある

家を売却するとき、売主は「契約不適合責任」を負う必要があります。

契約不適合責任とは、隠れた欠陥や不具合が見つかったときに、売主が責任をもつことです。

また、売主には告知義務があるので、把握している瑕疵は通知しなくてはなりません。ペットを飼育していた、という事実は瑕疵になります。

もしも、ペットを飼育していた事実を通知しなかった場合、購入そのものをキャンセルされたり、損害賠償請求を起こされるかもしれません。

ペットを飼育していたことは、売却時に必ず告知しましょう。

まとめ

「ペットを飼育していた」という理由だけでは、売却価格は大きく変わりません。

ただし、ペットを飼っていたことによって、家が劣化している場合は家の価値が大きく下がってしまいます。

ペットを飼っていた家を高く売却するには「ハウスクリーニングをおこなう」「訳あり物件の専門買取業者に依頼する」などの方法があります。

また、ペットを飼っていた事実を隠したまま売却するのは絶対にやめましょう。

もしも、ペットを飼育していた事実を通知しなかった場合、購入そのものをキャンセルされたり、損害賠償請求に発展する恐れがあります。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。