ペットを飼っていた家は売却価格が下がるのか?高く売却する方法を解説

ペット

以前は犬や猫は室外で飼うのが一般的でしたが、最近では室内で飼っている人も珍しくありません。「室内でペットを飼っていたことで家の売却価格が下がってしまうのではないか」と不安を抱くこともあるでしょう。

結論から言うと、戸建ては売却価格に影響が少なく、マンションの売却価格は下がることがあります。このようにペットを飼っていた家の全てが値下がりするわけではありません。

この記事では、ペットを飼っていた家の売却価格に対する影響や値下がりする理由をわかりやすく解説します。

また、ペットを飼っていた家を高く売却する方法なども詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

ペットを飼っていた家は売却価格に影響するのか

売却価格
ペットを飼っていたことによって家の売却価格に影響する場合と、影響しない場合があります。

ここではペットを飼っていた家の売却価格の影響を「戸建て」「マンション」に区別してわかりやすく解説します。

戸建ては土地の価格が重要視されるため影響が少ない

戸建てを購入した人はその物件に住む人もいれば、投資目的に建物を壊し更地にして駐車場経営やアパート経営などに利用する人もいます。

周辺の開発が進んだ土地であれば、土地の価値が高くなることもあります。

そのため、ペットを飼っていた家でも、戸建ては土地の価格が重要視されることがあるので売却価格に影響が少ないです。

しかし、室内の床や柱に爪痕や引っ掻き傷などが残っている場合は修理や補修が必要になるので、査定額からその金額が差し引かれる可能性はあります。

マンションは価格が下がることがある

マンションでペットを飼っていたという理由だけで、売却価格が下がるわけではありません。マンションは部屋の状況が査定額に影響を及ぼします。

ペットを飼っていたことが原因で「障子や襖に穴が開いた」「キッチンに爪痕が目立つ」などの場合は売却価格が下がってしまうでしょう。

また、古いマンションはペットを飼うことが想定されていないため、ニオイが強く残ってしまうことが多く、相場よりも下がりやすいです。

ペットを飼っていた家の全てが値下がりするわけではない

ペットを飼っていた家の全てが値下がりするわけではなく、ペット可・共存型のマンションは資産価値が落ちにくい傾向にあります。

ペット共存型のマンションは共用部にペット専用足洗い場が設置されてあったり、玄関に飛び出し防止ドアなどの設備が充実しています。

また、消臭効果のある消臭クロスが完備されていることもあるのでニオイ対策が可能です。

都心部のマンションではペットを飼う人たちが増えており、ペットマンションの需要が高まっています。

ペットを飼っていた家が値下がりする主な理由

値下がり
不動産は経年劣化や老朽化によって、購入当時に比べて査定額は下がります。その他にもペットを飼っていたことが原因で値下がりすることがあります。

次の項目では、ペットを飼っていた家が値下がりする主な理由である「ニオイがしみついている」「壁やフローリングに穴」「ノミやダニによるハウスダスト」について詳しく説明します。

ニオイがしみついている

売主はペットのニオイに気づかなくても、ペットを飼っていない人であればニオイに敏感かもしれません。普段タバコを吸わない人が喫煙者の車に乗ったり、家に訪問するとタバコのニオイに気づくのと同じです。

犬や猫など動物のニオイはきつく、ペットを飼っていない人からすると気になるでしょう。

そのため、購入希望者が立地や間取りを気に入ったとしても、物件見学時のニオイが原因で購入に至らないケースも珍しくありません。

ペットのニオイはペットを飼っている人が想像している以上につきやすいです。内覧の直前に換気やホームセンターで飼った消臭剤などで消臭対策をしたくらいでは、完全にニオイを除去するのは困難でしょう。

ペットのニオイは家具やカーテン、壁紙にも染みつきます。壁紙に染みついたニオイが取れないようであれば、マイホームの資産価値を下げる原因になります。

壁やフローリングに傷

ペットを飼っていると壁やフローリングを傷付けられることも少なくありません。壁やフローリングなどに傷があると価格が下がる要因になります。

特に猫は爪をたてて引っかくため、壁紙がはがれ下地が見えてしまうこともあります。ペットのしつけで傷を抑えることはできますが、長年住んでいるとフローリングや壁に細かな傷をつけられてしまうかもしれません。

壁やフローリングの大きな傷は目立つので、内覧者の見学前や買主へ引き渡す前には補修や必要に応じて交換をしておくとよいでしょう。

ノミやダニによるハウスダスト

ペットを飼っていない人からすると、ペットを飼っていた家はノミやダニがいるのではないかと考えてしまいます。フローリングがカーペットの場合はノミが大量に発生している可能性があるので、駆除しておきましょう。

床にペットの抜け毛が落ちているのも印象がよくありません。子供がいる買主はハウスダストを心配するので、しっかりとした掃除が必要になります。管理が行き届いた清潔感のある部屋が理想です。

ペットを飼っていた家を売却する時の注意点

ハウスダスト
ペットを飼っていた家を売却する時は、家が値下がりする要因となるニオイや傷に注目するだけでは不十分です。場合によっては契約の解除、損害賠償問題に発展することもあります。

ここではペットを飼っていた家を売却する時の注意点を詳しく解説します。

ペットを飼っていたことを隠さない

前の項目でも説明しているように、ペットを飼っていることが理由で売却価格が下がることがあります。

しかし、少しでも高く売りたいからと言ってペットを飼っていたことを隠すことはやめましょう。たとえペット不可の物件に内緒で飼っていた場合でも、隠さないことが大切です。

ペットを飼っていたことを内緒にしていると、購入希望者はその事実を知らずに購入を考えます。

上手くバレずに売却できたとしても、後日ペットを飼っていたことがバレてしまったら売買契約の解除や損害賠償に発展することがあります。

隠すと損害賠償問題に発展する可能性がある

マイホームやマンションなどの不動産を売却する際に、売主は「瑕疵担保責任」を負うことになります。

買主は売買した不動産に、雨漏りやシロアリなどの欠陥を発見すると売主に損害賠償責任や契約の解除ができます。

瑕疵は物件が抱える欠陥の「物理的瑕疵」だけでなく「心理的瑕疵」「法律的瑕疵」があります。事故物件は心理的瑕疵に該当します。

心理的状況は人によって感じ方が違います。売主は気にならなかったニオイを買主は不快に感じ、心理的瑕疵に該当してしまうこともあります。

売買契約の成立後にトラブルにならないためにも、ペットを飼っていたことを隠すのはやめましょう。

購入希望者にアレルギーがあるか確認

ペットを飼っていた家を売却する時は、アレルギーが問題になります。

ペットの抜け毛や唾液などに含まれているアレルゲン物質が原因となり、犬アレルギーや猫アレルギーなどを発症している人も珍しくありません。

アレルギー症状は人によって異なり、場合によっては重い症状が発生します。アレルギーは購入した後だけでなく、内覧時に発症することも考えられます。

ただのアレルギーだと軽く考えるのではなく、購入希望者や不動産会社に事前に報告をしておきましょう。購入希望者だけでなく、不動産会社の人もアレルギーの可能性があります。

ペットを飼っていた家を高く売却する方法

家 売る
ペットを飼っていた家は値下がりすることがありますが、高く売却する方法はあります。

ここでは「ペット飼っている人に売却する」「ハウスクリーニングをする」「消臭クロスに張り替える」「信頼できる不動産会社に依頼する」ことによって高く売却する方法を説明します。

ペットを飼っている人に売却する

ペットを飼っていない人からすると、ペットを飼っていたという事実だけでマイナスの印象を持つことがあります。

散歩コースなどが近く周辺環境も良くきちんと清掃され清潔感があっても、マイナスイメージで値引き交渉されてしまう可能性は高いです。

しかし、ペットを飼っている・飼いたい人からすると、ペットを飼っていた家は魅力的に感じます。ペットと一緒に散歩した公園や動物病院などの位置や情報が成約に繋がる要素になるかもしれません。

ペットを飼っていた家はペットを飼わない人にはマイナスですが、ペットを飼いたい人にとってはプラスの要因としてアピールできます。

ペットを飼いたい人の需要は増えているので、売却を急いでいなければペットを飼っている人に売却するとよいでしょう。

ハウスクリーニングをする

ペットを飼っていた家を売却する時の懸念材料は、ニオイや壁、フローリングなどの傷です。値下がりする原因となるニオイやフローリングなどの傷を事前に取り除いてあげることで、値引きされにくくなります。

自分で掃除・ニオイ対策をしても、しみついたニオイを取り除くことは困難です。一時的にニオイが解消されても、根本的に除去できているとは限りません。

消えにくいペットのニオイはハウスクリーニングを利用するとよいです。ハウスクリーニングの費用は約6畳の部屋で40,000円〜、約50畳になると100,000円〜が目安になります。

業者によって金額や効果に違いがあるので、慎重に選びましょう。

しかし、業者に依頼してもニオイが完全に除去できないことがあります。ある程度の値引きを覚悟するか、リフォームするなど不動産会社とよく相談しましょう。

消臭クロスに張り替える

クロスには種類があり、ペットのニオイ対策には消臭クロスが効果的です。ニオイは浸透しやすく、クロスの下地まで浸透することも珍しくありません。

消臭クロスは悪臭成分を吸収し、水と炭素に分解します。そのため、気になるニオイを効果的に除去し、爽やかな空気で過ごすことが可能です。

消臭クロスに張り替える時は注意が必要です。消臭クロスから消臭クロスへの張り替えは、奥まで臭いが浸透していることがないため、張り替えるだけでニオイが抑えられます。

しかし、通常のクロスから消臭クロスに張り替える場合は注意しましょう。下地にニオイが浸透していることがあるので、ニオイを除去した後に消臭クロスに張り替えるとよいでしょう。

クロスはホームセンターなどでも売っており自分で交換できますが、ニオイの除去もあるので業者に依頼する方が安心します。

信頼できる不動産会社に依頼する

ペットの有無に関係なく不動産の売却を成功させるには、信頼できる不動産会社に依頼することが大切です。

不動産会社によって得意・不得意は違います。賃貸の仲介が得意な不動産会社があれば、不動産の売買が得意な不動産会社もあります。

自分の希望にあった売却を進めるためには、自分にあった信頼できる不動産会社に依頼することが大切です。

不動産会社に売却を依頼する時は、媒介契約を締結します。媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。

すぐに売れそうな物件であれば一般媒介契約、売ることが難しい物件であれば専属専任媒介契約がよいといわれています。

専属専任媒介契約は売りたい物件をレインズと呼ばれる不動産流通のネットワークシステムに登録されるので、物件の早期売買が可能になります。また不動産会社による買取保証があるので、売れない場合でも安心できます。

まとめ

ペットを飼っていた家の売却は値下がりすることがありますが、事前に対策することも可能です。

なるべくキレイな状態を維持したいですが、ニオイやフローリングの細かい傷を完全に対策するのは困難かもしれません。

買主が気になるのはニオイやアレルギー、傷です。アレルギーや傷はハウスクリーニングで補修できますが、しみついたニオイを完全に取り除くのは難しいでしょう。

日頃からトイレシートをこまめに交換したり、換気やペットを清潔に保つなどの対策が必要です。

ペットを飼っていた家を高く売却するには、時間に余裕を持ってペットを飼っている人に売ることが大事です。すぐに売却を希望すると、時間的制約があるので通常よりも安い金額で売買されやすくなります。

自分にあった信頼できる不動産会社に依頼して、希望にあった売却を進めていきましょう。

最終更新日:
不動産売却の専門家が、あなたの疑問に回答します!プロだけがお答えする信頼性の高い掲示板です。不動産お悩み相談所。質問はこちら。