中古マンション購入、広告と実際の階数が違う

2021年5月3日3時32分

広告に地上7階立ての6階部分と記載されていたため、内覧し、先日売買契約しました。契約後、マンションの図面が書いてある用紙をもらいました。マンションの構造上、購入した部屋は実質5階と記載されていました。契約前に説明がなく、契約解除したいのですが、手付け金は返却されないでしょうか。

専門家の回答

  • 伊藤 幸平

    ・宅地建物取引士 ・損害保険募集人

    2021年5月10日11時23分

    仲介業者が入られている契約なのか、不動産業者が売主となり直接購入されているのかで対応が変わってくるかと存じます。
    仲介業者が入っている契約の場合は、階数についての説明がなかった場合、あくまでも重要事項説明を実施する仲介業者に責任があり、売主様に非はありません。
    そのため、手付金の返却は売主様が応じないという事であれば、仲介業者に対し損害賠償請求を申し立てる流れになる可能性があります。
    不動産業者が売主の場合は、階数に関する説明がなかった場合、売主側に説明がなかったことに対する非を認めてもらったうえで、契約が解除となれば手付金が戻る可能性はあります。
    重要事項説明書の内容等が重要になるかと思いますので、本件については当事者間でよく協議いただき、解決しない様であれば弁護士にご相談されることをお勧めいたします。
    ※本解釈については、契約の解除や手付金返還の判決を保証するものではありません。

    この回答に返信する

    回答に返信する

    コメントを残す

    利用規約・プライバシーポリシーを確認・同意のうえ、
    送信してください。

関連性の高い相談

一覧を見る

気になる相談を探す

お悩みから解決方法を探す