老朽化マンションの買取

2021年3月26日2時07分

はじめまして。
現在、都内の間口狭小の旗竿地の再建築不可物件に住んでおります。
隣家がかなりボロボロのマンション(築40年程度)なのですが、このマンションも同様に、
間口狭小の旗竿地の再建築不可物件であり、道路に接する通路を共同利用しております。
この度、隣家の家主からマンション(土地含む)の売却の打診がありました。
このマンションを購入すれば再建築不可ではなくなるため、ぜひとも購入して家を建替えたいと考えているのですが、先方の希望売却価格として利回りから逆算した価格で4000万円を提示されました。
当方はマンションとして経営するつもりはなく、すぐに壊して家を建替えたい為、
投資用マンションではなく純粋な不動産(間口狭小で再建築不可の旗竿地+ボロボロのマンション)としての価格で購入したいのですが、適正な価格はいくらぐらいになるのでしょうか。
周辺の公示地価は45万円/平米ほどで、敷地面積は50坪程です。マンションは築40年程度でボロボロで地震がくれば崩れそうな建物です。

専門家の回答

  • 伊藤 幸平

    ・宅地建物取引士 ・損害保険募集人

    2021年4月2日3時15分

    周辺の取引事例や接道間口、道路種別やその幅員、さらには方位等も価格に影響が出るため、現時点での情報では価格算出はできません。
    また、収益物件として査定をする場合にもレントロールと呼ばれる収支がある程度わかるものがなければ査定は困難です。
    再建築不可物件は相場の半額程度で取引されることが多いです。
    マンションを購入後、自分の土地と合わせて売却し、得た資金で住み替えを行うという選択肢もあるように思います。

    この回答に返信する

    回答に返信する

    コメントを残す

    利用規約・プライバシーポリシーを確認・同意のうえ、
    送信してください。

関連性の高い相談

一覧を見る

気になる相談を探す

お悩みから解決方法を探す