賃借している部屋の床がボコボコで水平でないです

2021年2月17日23時58分

フルリノベーションで昨年4月より入居したマンションですが、食器棚が段々傾いてきて買い替えをしました。新品が届いた時に、棚ではなく床が傾いていることが判明しました。その後もどんどん全ての居室で床が盛り上がったり凹んだりしている感じがして、ビー玉を転がしたら、沢山の箇所で転がっていきます。このままでは他の家具、家電にも影響が出たり、毎日の生活の上で身体的な影響が出るのでは無いかと心配です。床がこのような状態なのは、賃貸では普通にあり得ることなのでしょうか?私の常識では床は水平であるべきだと思っていました。これは普通ですか?
修理はしてくれるといいますが、荷物を全部出さないといけないと言われて、意味がよく分からないです。どうしたらいいでしょうか?

専門家の回答

  • 伊藤 幸平

    ・宅地建物取引士 ・損害保険募集人

    2021年2月18日11時26分

    大変お世話になります。
    築年数相当な建物の場合、定期的なメンテナンスが必要になっていまります。
    今回のフルリノベーションについても、メンテナンス上の一環に併せ改築を行ったのだと察しますが、工事完了後別の要因で内装トラブルが起こるケースは稀にございます。

    フルリノベーションを行った直後であれば施工業者様にてすぐ直していただける可能性が高く、工事の際にお荷物を移していただかないと正確に調査できずご協力頂く必要があるかと存じます。
    お部屋の水平さですが、こちらは地盤、建物自体が歪み傾斜がついてしまうことがあります。
    改善には相当な費用が必要となり、水平でなければならないという決まりがないことから、度合いにも当然よりますが一概に権利に含まれるとはいえません。
    管理会社様にて、まずは修繕いただくご意思があるかと存じますのでお話しをして頂くようお願い致します。

    この回答に返信する

    回答に返信する

    コメントを残す

    利用規約・プライバシーポリシーを確認・同意のうえ、
    送信してください。

関連性の高い相談

一覧を見る

気になる相談を探す

お悩みから解決方法を探す